Entries

出前から家政婦、タクシー送迎まで!Amazon Dashを万能化して、サイバー貴族になる方法

日本人の生産性の低さが嘆かれる今日この頃、fladdictさんとしてはAmazon Dashを万能化して、現代のサイバー貴族となる方法を模索しております。

Google Home Assistantや、ザッカーバーグのAIホーム計画など、面白そうだなぁと思いまして、自分も色々と実験。

結論からいうと、AIやハイテクなど使わなくても、ほんのわずかの工夫があれば、誰でも自宅にスーパーアシスタントを構築して、サイバー貴族となれる

ITの本質は、貴族に占有された封建システムを、テクノロジーによって庶民に解放することだと思うんですよね。なんで実際にやってみました。Amazon Dashボタンを改造して、出前、家政婦、タクシー送迎から、リアルアシスタントさんの御用聞き呼び出しまで、あらゆるものをワンプッシュ化!生産性バカ上がりです。

これで日本の生産性も回復するはず。

人機一体の、スーパー・アシスタントの仕組み

  • Amazon Dashボタンを押す
  • node.jsで、ボタンのPushを乗っ取る
  • node.jsがslack経由で、秘書サービスにメッセージ
  • 秘書さんが作業してくれる
  • 秘書さんが業務ステータスを、Googleスプレッドシートに入力
  • Geckoboardがスプレッドシートを読み込み、ダッシュボードに業務進行をビジュアライズ
  • 秘書さんがFacebook / Lineで結果報告



1. Amazon Dashボタンを押す
まずは、普通にAmazonから、Dashボタンを大量に購入しましょう。Amazon Dashはワンプッシュで、Amazonのいろんなものを注文できる魔法のボタン。そのままだと、普通に商品が買えるだけなので、様々なツールを使って処理を乗っ取っります。

2. node.jsで、Dashボタンを乗っ取る
node.jsを使って、ボタンの処理を乗っ取ります。これで「ボタンが押された」を検知できます。こちらのページを参考に、node.jsサーバーを立てましょう。そんなに難しくはありません。

3. slack経由で秘書サービスにメッセージを投稿する
APIのない様々なサービスに対して、どう柔軟に命令を下すか? この究極のソリューションは「人間にやってもらう」だと考えました。秘書サービスCasterと契約して、slackに常駐してもらいます。(月額30時間10万円ぐらい)。ここに様々なオペレーションが投稿されることで、APIの有無をガン無視した究極のオペレーションが達成できるわけです。

4. 秘書さんが作業してくれる
例えば「投資」と書かれたAmazon Dashボタンを押すと、以下のようなメッセージがslackに投稿されるわけですね。

証券会社のhogehogeさんに電話をして、世界平均のETFを100万円分、買い注文してください。
hogehogeさんには、「購入後に、電話で報告してください」とお伝えください。
注文約定の前に、このメッセージが何度も重複投稿されていた場合は、ミスの可能性があるので、電話で僕に確認をしてください。
よろしくお願いいたします!

ポイントは、確認作業や漏れ抜け、例外処理が無いような、メッセージ設計をすることです。ボタン連打に対する、例外処理などはちゃんと設計しないと悲惨なことになるので注意しましょう。また、知らないところでオペレーションが止まっても問題なので、業務が滞った時には電話やLINEで確認が来るように設計します。自分にも秘書さんにもなるべく負担がかからないように、ここは丁寧な設計が大事です。

5. 秘書さんが業務ステータスを、Googleスプレッドシートに入力
ワンボタンUIは、発注事故が怖いのでステータスの見える化が非常に大事です。
各ステータスの記入欄が設けられたスプレッドシートを用意し、「進行中」「次回、発注はいつ」といった内容を入力してもらいます。

6. スプレッドシートを読み込み、ダッシュボードに業務進行をビジュアライズ
KPIビジュアライズサービスのGeckoboardを使い、スプレッドシートを読み込み、常設の専用ディスプレイにビジュアライズします。
これにより、発注中なのか?何が起きているのか?などが一目でわかるようになります。


7. 秘書さんがFacebook / Lineで結果報告
ステータスのPush通知も重要な作業です。Facebook / Lineのメッセージで経過報告をしても立ったり、カレンダーに日程を入力してもらいます。

まとめ
いかがでしたでしょうか? AIなどのハイテクを使わなくても、ちょっとした工夫でこれだけの自動化、生産性の向上ができちゃいます。
これで貴方もサイバー貴族、ギリシャ市民を気取って哲学と文化に注力できます。

自分で実行するには「秘書サービス月額10万円」というところがネックになります。秘書さんの稼働は30時間もいらないので、複数人で割り勘にすると良いかもしれません。あるいはオカンや、アルバイト、部下、クラウドソーシングとつなぎ混むことで、色々と調節できるかもしれません。

今後の改造ポイントとしてはDMM Okanと接続して、オフラインでの買い物業務などもワンプッシュで可能にしようと思います。

それでは皆さん、良いお年を!

プロジェクト炎上を防ぐ魔法のアイテム、100徳ナイフを買ったお話2

こんにちは、日本で唯一の100徳ナイフコレクター(推定)兼、UIデザインとかしてる fladdictです。 先日、会社の機材として新しい100徳ナイフを購入しました。


via mantiquesmodern

ゾーリンゲンのナイフマイスター、P.LANGが自ら研ぎあげた、最高級の一品です。重量950g、お値段なんと120万円。今年のお小遣いが全部すっ飛びました。 続きを読む

俺が自腹でiPad Proプレゼントキャンペーンの結果・当選者発表

先月に開催した「熊本に寄付した人から抽選で1名に、俺が自腹でiPad Proプレゼントキャンペーン」の結果のご報告。

ドキドキの第3回寄付ハックですが、なんと260万8528円プラスαが集まりました!!!!!ちなみにプラスαは、金額非公開や、プライベートアカウント内など確認不能分です。ソーシャル応募313名。Google Form経由の応募が107名の、合計420名エントリーとなっております。祭りにご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございます。あと「iPad pro1台分、俺が出しちゃる!」的な寄付額10万オーバーの方が7人もいたのも驚きです。

当選者
そして肝心の当選者について。processingを用いた厳選なる抽選の末、iPad Proに当選されたのはyama_zさんとなりました! おめでとうございます。追ってDMなどで送付方法などを調整できればと思います。残念ながらハズれた皆様も、今度は「べ、別にiPadが欲しかったんじゃなくて、熊本を助けたかっただけなんだからね!」と、おおらかな気分でいてくださると助かります。

コスト
総コストとしては、iPad

雑感
正しすぎるチャリティーは広まらない…という持論のもと、寄付にゲーミフィケーションや射幸性、口だしたいビリティなどを追加したこの実験も、いよいよ3回目。そろそろ「再現性がある」施策と考えてもいいんじゃないかなと。善意を誘発するスキームとしてはだいぶ完成度があがってきました。

一方で課題としては、真の効果測定をどうするか? タイムラインをみている定性評価では、「これをきっかけに寄付をした」という声は一定すうあったり、寄付のタイムスタンプと投稿のタイムスタンプの時差から、寄付したあとにキャンペーンに気づいて応募してきた人は少ないように観測されます。厳密な意味で比較対象テストができるわけではないので、「この施策のせいで寄付をした人」と「この施策がなくても結局寄付した人」の切り分けができないのをどうするかは今後の課題の一つでしょう。(この企画がどうこうというよりは、広告キャンペーン全体にかかわる未解決の課題ですが)

とりあえず1年に1度くらいのペースで、ボチボチと実験していければと思います。参加者の皆様としましては、また何かのきかいにうっかり欲望にまけて寄付をお願いいたします。

熊本に寄付した人から抽選で1名に、俺が自腹でiPad Proプレゼントキャンペーン


地震で困っている熊本を支援したナイスガイ(レディー)の皆さま、抽選で1名様にiPad Proをプレゼントします。自腹で。

ルール

  • 商品はiPad Proあるいは100,000円相当のアイテム
  • 熊本の地震復興に対し1000円以上の寄付をする
  • レシート的なモノの写真を撮る
  • 消したい個人情報は、各自で消しゴム置くなりPhotoshopなりで隠してください。誰がと幾らがわかればok
  • ソーシャルで、この記事と証明写真をシェア
  • このページのコメント欄に、自分の投稿のURLを貼る(facebookアカウントがない人用にGoogle Formも用意しました
  • 当選日を待つ

寄付先はDocomoAuSoftbankヤフーなど。ふるさと納税から赤十字まで、なんでもお好きな団体経由でOKです。そして1000円以上の寄付をしましょう。

そしてレシートを僕に送ってください。抽選で1名様にiPad Pro(12.9inch、32GB)をプレゼントします。ちなみに便宜上iPadなだけなので、アーロンチェアでもシネマディスプレイでも同価格帯なら当選者のご要望で応相談です。


こんな感じでレシートをコメント欄に貼り付けてください(facebookアカウントがない人用にGoogle Formも用意しました)。詳しいルールはページ下部に。




これは「僕が直接10万円を寄付するより、そのお金で景品つきの寄付啓蒙キャンペーンをやるほうが、寄付総額が増加するのではないか?」という仮説による社会実験です。過去の事例はこちら

まだ義援金の振り込みの腰が重かった方は、「fladdictに乗せられた。」「ベ、別にiPad Proが欲しいだけなんだからね!」などを口実に、ぜひご参加を。

抽選ルール

  • 4月18〜5月15日までの寄付・投稿を有効とし、5/30中に当選を行います。
  • コメント欄からランダム選出プログラムで1人を選出します。
  • TwitterかFacebook経由で、下記アカウント(AB)から通知します。
  • 連絡がつかない場合は、再度コメント欄からランダムで1人を抽出します。
  • 当選者の許諾の後、サイトにての告知をもって当選の確定とします。

免責

  • 警察、法律、Appleからのクレーム等により中止せざるをえなかった場合。
  • 景品の在庫状況等により入手が遅れた場合。
  • 諸事情で、同価格帯の別商品にせざるを得ない場合があります。
  • 弊社が倒産、fladdictが死亡した場合。
  • 寄付総額がiPad Pro(12.9inch、32GB)より少なかった場合(iPad分の代金を熊本に振込ます)。
  • 投稿者のミスで、自住所やクレカ入りの写真を投稿してトラブルになった場合。

Q&A

  • Q. 詐欺ちゃうん?
  • A. 参加者が選んだ寄付先に直接振り込んでもらうので、僕は決済に関与できません。
  • Q. 意味あるん?
  • A. 前回は僕が自腹でiPad miniを提供することで、約171万円の寄付が発生しました。
  • Q. 懸賞法的に大丈夫なん?
  • A. 寄付先と僕につながりも金銭関係もなく、勝手にプレゼントするので問題ありません。

熊本を支援したいけれども踏ん切りがつかなかった皆様。「fladdictに乗せられた。」「ベ、別にiPad Proが欲しいだけなんだからね!」などを口実に、ぜひご参加を。


そしてメディア持ってる人は拡散。景品にできるものお持ちの方は便乗などよろしくお願いいたします。

(*Appleのオフィシャルキャンペーンではありません)

人を強制的に幸せにするデザインとインターフェース

最近よく考えることに、人間を強制的に幸福にするユーザーインターフェースは作れないか、という着想がある。100万ユーザー級のアプリのUI改善に何本か関わった結論として、単に使いやすいインターフェースや、KPIアゲアゲの設計とかに飽きた。

むしろ統計、認知心理学、脳科学、行動経済学などをフル活用して、デザインで強制的に幸せを生産できないだろうかと考える。 続きを読む

サイト更新をサボった罰として、8000円を国境なき医師団に寄付しました

年初に、「デイリーのサイト更新をサボった分だけ、国境なき医師団に500円寄付します」と宣言し、1月が経過。
ブログもトップページ更新も寄稿しなかった日は、16日ありました。よって今月は、国境なき医師団に8000円寄付します。

僕がブログをサボることで、世界が平和になれば幸いです。

自動お絵かきロボを作る(その2)

作成中の自動絵画プログラム。どうやら、みんなは「フォトショのフィルター的なモノ」を想像してるみたい。実はこのお絵かきロボ、一筆づつ丁寧に色を乗せていったりする。むっちゃ時間かかる。 続きを読む

ディープラーニングに頼らず、機械に絵を描かせる

Processingで、自動絵画化してみるテクニカルスタディ。
最近だと、ディープラーニング系でやるのが流行りだけど、あえて手動アルゴで頑張るなど。流行に逆らって、素手で戦うのが美学だと思う!! 続きを読む

キツネ村に行ってきた

2ヶ月ぶりぐらいに休みをとって、日帰りで写真旅行など。
宮城県は白石蔵王のキツネ村に行ってきました。 続きを読む

電磁波のスケッチ

電磁波というか磁界的な何かのスケッチ。シェーダーかましてリアルタイムに動くようになったら公開したいところ。

続きを読む