Entries

熊本に寄付した人から抽選で1名に、俺が自腹でiPad Proプレゼントキャンペーン


地震で困っている熊本を支援したナイスガイ(レディー)の皆さま、抽選で1名様にiPad Proをプレゼントします。自腹で。

ルール

  • 商品はiPad Proあるいは100,000円相当のアイテム
  • 熊本の地震復興に対し1000円以上の寄付をする
  • レシート的なモノの写真を撮る
  • 消したい個人情報は、各自で消しゴム置くなりPhotoshopなりで隠してください。誰がと幾らがわかればok
  • ソーシャルで、この記事と証明写真をシェア
  • このページのコメント欄に、自分の投稿のURLを貼る(facebookアカウントがない人用にGoogle Formも用意しました
  • 当選日を待つ

寄付先はDocomoAuSoftbankヤフーなど。ふるさと納税から赤十字まで、なんでもお好きな団体経由でOKです。そして1000円以上の寄付をしましょう。

そしてレシートを僕に送ってください。抽選で1名様にiPad Pro(12.9inch、32GB)をプレゼントします。ちなみに便宜上iPadなだけなので、アーロンチェアでもシネマディスプレイでも同価格帯なら当選者のご要望で応相談です。


こんな感じでレシートをコメント欄に貼り付けてください(facebookアカウントがない人用にGoogle Formも用意しました)。詳しいルールはページ下部に。




これは「僕が直接10万円を寄付するより、そのお金で景品つきの寄付啓蒙キャンペーンをやるほうが、寄付総額が増加するのではないか?」という仮説による社会実験です。過去の事例はこちら

まだ義援金の振り込みの腰が重かった方は、「fladdictに乗せられた。」「ベ、別にiPad Proが欲しいだけなんだからね!」などを口実に、ぜひご参加を。

抽選ルール

  • 4月18〜5月15日までの寄付・投稿を有効とし、5/30中に当選を行います。
  • コメント欄からランダム選出プログラムで1人を選出します。
  • TwitterかFacebook経由で、下記アカウント(AB)から通知します。
  • 連絡がつかない場合は、再度コメント欄からランダムで1人を抽出します。
  • 当選者の許諾の後、サイトにての告知をもって当選の確定とします。

免責

  • 警察、法律、Appleからのクレーム等により中止せざるをえなかった場合。
  • 景品の在庫状況等により入手が遅れた場合。
  • 諸事情で、同価格帯の別商品にせざるを得ない場合があります。
  • 弊社が倒産、fladdictが死亡した場合。
  • 寄付総額がiPad Pro(12.9inch、32GB)より少なかった場合(iPad分の代金を熊本に振込ます)。
  • 投稿者のミスで、自住所やクレカ入りの写真を投稿してトラブルになった場合。

Q&A

  • Q. 詐欺ちゃうん?
  • A. 参加者が選んだ寄付先に直接振り込んでもらうので、僕は決済に関与できません。
  • Q. 意味あるん?
  • A. 前回は僕が自腹でiPad miniを提供することで、約171万円の寄付が発生しました。
  • Q. 懸賞法的に大丈夫なん?
  • A. 寄付先と僕につながりも金銭関係もなく、勝手にプレゼントするので問題ありません。

熊本を支援したいけれども踏ん切りがつかなかった皆様。「fladdictに乗せられた。」「ベ、別にiPad Proが欲しいだけなんだからね!」などを口実に、ぜひご参加を。


そしてメディア持ってる人は拡散。景品にできるものお持ちの方は便乗などよろしくお願いいたします。

(*Appleのオフィシャルキャンペーンではありません)

人を強制的に幸せにするデザインとインターフェース

最近よく考えることに、人間を強制的に幸福にするユーザーインターフェースは作れないか、という着想がある。100万ユーザー級のアプリのUI改善に何本か関わった結論として、単に使いやすいインターフェースや、KPIアゲアゲの設計とかに飽きた。

むしろ統計、認知心理学、脳科学、行動経済学などをフル活用して、デザインで強制的に幸せを生産できないだろうかと考える。 続きを読む

サイト更新をサボった罰として、8000円を国境なき医師団に寄付しました

年初に、「デイリーのサイト更新をサボった分だけ、国境なき医師団に500円寄付します」と宣言し、1月が経過。
ブログもトップページ更新も寄稿しなかった日は、16日ありました。よって今月は、国境なき医師団に8000円寄付します。

僕がブログをサボることで、世界が平和になれば幸いです。

自動お絵かきロボを作る(その2)

作成中の自動絵画プログラム。どうやら、みんなは「フォトショのフィルター的なモノ」を想像してるみたい。実はこのお絵かきロボ、一筆づつ丁寧に色を乗せていったりする。むっちゃ時間かかる。 続きを読む

ディープラーニングに頼らず、機械に絵を描かせる

Processingで、自動絵画化してみるテクニカルスタディ。
最近だと、ディープラーニング系でやるのが流行りだけど、あえて手動アルゴで頑張るなど。流行に逆らって、素手で戦うのが美学だと思う!! 続きを読む

キツネ村に行ってきた

2ヶ月ぶりぐらいに休みをとって、日帰りで写真旅行など。
宮城県は白石蔵王のキツネ村に行ってきました。 続きを読む

電磁波のスケッチ

電磁波というか磁界的な何かのスケッチ。シェーダーかましてリアルタイムに動くようになったら公開したいところ。

続きを読む

Nerves


トップページ更新。神経網的ななにか。

Jackson Pollock的スケッチ

アルゴリズムによるJackson Pollock的な世界観のスケッチ。processing3を使用。

フォースフィールドをつかった擬似流体アルゴリズムをベースにいろいろ小細工を重ねて制作。コンピューター・ジェネレートっぽさをなくした、オーガニックなノイズのスタディ。実際に動くJSバージョンは、もうちょっとスタディしてから公開予定。

続きを読む

UI考 – ざっと見る、じっと見る

英文の速読術には、スキミング・スキャニングと呼ばれる技法がある。

スキミングとは「ざっと一覧して、全体を把握する」こと。各章のタイトルや、パラグラフの一文目、最終のまとめなど、要所要所だけをかいつまんでいく読み方だ。

一方、スキャニングは「特定の部分を熟読する」こと。こちらは一転して、一単語ずつ精査していく読み方である。

まず最初に全体をざっと見て(スキミング)、自分に必要な内容があるかをチェックする。その後に、必要な部分だけを選別してじっと見て(スキャニング)いく。英文速読では、この2つの読み方をペアにして扱う。つまり速読術とは全文を素早く読むことではない。細部を無視して、要点だけを拾い上げていく技法なのである。 続きを読む