Entries

「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトン

「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトンは、Life is beautifulの人が考えたブログキャンペーン。賛同する人はエントリーを書いて、トラックバック送ろうという企画。

ちなみに、天下りうんぬんっていうのはこちらの【政治】「国力が落ちる」「官僚がやる気をなくす」 閣僚が反発…「天下りあっせん」全廃提言という非常に香ばしい発言。

経済財政諮問会議では、公務員制度改革を進める一環として、日本経団連の御手洗会長ら民間議員が、中央省庁による国家公務員の天下りのあっ旋を「利益誘導の背景だ」として、全面的に禁止するよう提言しました。
これに対して、閣僚からは「国力が落ちる」「官僚がやる気をなくす」などと反発が相次ぎ、平行線をたどりました。また、通常は諮問会議に出席する官僚のトップ、的場・官房副長官が7日の会議には出席しませんでした。

これはひどいだろう。

ぶっちゃけ政治に興味ない人も、意図的な相互トラックバックがグーグル検索にどのような変化を与えるか、ブログ内での口コミの広がり方、2chやmixiを介さないブログのみのキャンペーンの威力等、とても面白い観察サンプルになりそうなので、Analyticsでも仕込んで面白半分に参加しても楽しいんじゃないかと。

世論の表出装置がマスコミからネットにどれくらいシフトしているかも気になるし、4~6ぐらいのページランカーが大量に同タイトルでバトンをかいたら、何が起こるのかってのは非常に興味深い。海外では「みじめな敗北者」等のグーグルボム的なキャンペーンはあったけれども、日本ではめずらしいんじゃないかな。

あとエントリーを書くときには、「斡旋」と「あっ旋」の両方を埋め込んだほうが、検索に広く反映されてよいんじゃないかと思う。