Entries

iPhoneは携帯でも音楽プレイヤーでもないし、Appleは家電屋じゃあない

Life is Beautifulの人が出した、「アップルはいったい全体、なんでiPhoneを使って直接iTune Music Storeから購入できるようにしなかったのだろうか?」という謎々が面白かったので考えて見るテスト。

iPhoneを見たとき奇妙に思ったのが、なぜ全画面タッチスクリーンなのか?ということだった。

・携帯電話にフラットタッチスクリーンをのせるなんて、アフォな工業デザイナーはいない。
・Appleは、用途の為に特化したミニマルなUIをデザインする。

携帯をデザイン使用するデザイナーならば、タッチスクリーンはまず最初に却下するアイデアだと思う。なぜならば、それはメールにしろ電話をかけるにしろ、手元で感触を感じることが必須のデバイスでは戦力外のUIだからだ。
だからこそ、「タッチスクリーンは何のためにあるのか?なぜあえて選択をしたのか?」というのが、iPhoneを見極めるポイントではないかと考えた。

で結論としては、「iPhoneは携帯でも音楽プレイヤーでもない」という考えに帰結した。

タッチスクリーンという仕組みの本質は大画面の手段でも、カッコよさでもない。むしろUIとしては不便な部類に属するデバイスである。その唯一の利点は、あらゆるタイプのインターフェースを、1つのデバイスで実現できるということだ。

逆を言えば、iPhoneにマルチタッチスクリーンが搭載されているということは、iPhoneはあらゆるタイプのUIを表示する必要があるデバイスであるということではないか。

つまり、テレビをつければ、iPhoneでチャンネルを選択し録画設定を行う、ステレオで音楽を再生する場合もiPhoneに選曲UIがといった具合に、家庭内のあらゆるデバイスにアクセスするとき、iPhoneにそのデバイスを制御するUIが表示される。だからこそ、マルチタッチスクリーンなどといったものが必要なのではないだろうかと考えた。

僕のAppleに対する認識は2年前に書いた「アップルの本質は「あちら側」ではないのか?」から、基本的に変化していない。

コンピューターやブラウザという「入り口」を押さえたマイクロソフト、ブラウザから向こう側への道に情報の「関所」を作ったグーグル。

この2社に対抗すべくAppleが選択した手段が、OSやブラウザ、インターネットを介さないあちら側への「直通バイパス」の確保ではないか?という仮説だ。iPod, iTune, airMac, Apple TV, iPhone, 全てのアップル社のプロダクトは、この文脈においてまったくブレもなく同一線上にならんでいるように思える。名前からコンピューターを取ったのもそうだろう。MacTVではなく、AppleTVという名前を選択したのも、もはやMacが中心ではないということなのだろう。

だからWiFi、GSM+EDGE、Bluetoothも通信セントラルとしてのものであり、電話も音楽プレイヤーも、iPhoneにとってはプリセットのウィジェットにすぎない。。単に家庭で最もパーソナライズされたアイテムである携帯電話が、個人個人がそれぞれ所有するUIセントラルの器として選択されたにすぎないのではないかと考える。

そしてiPhoneがクローズドなのも、iPodが競合他社の音楽ストアと連動する気がないのと同様、直通バイパスを確保する為のものなのではないか。

純粋な音楽プレイヤーではないのだからMusic Scoreにつなぐ必用はなく、電話もメールも本質ではないのだから、タッチスクリーンでも問題がない。特化した機能が欲しければ、別個に携帯なりiPodなりを買えということなのだろうと思う。携帯やTVを出すからといって、Appleは家電屋になるわけではないのだろう。

結論として「iPhoneはリモコン」だから、というのが僕なりの答えなんですがどうなんでしょうか。