Entries

Flash, Flex2、Apolloとデザインと経済性

ちょっと仕事がひと段落したので、最近Flex2やAS3、Apollo等について思っていたことをまとめてみました。

Flex2がもたらしたものは生産性
ここ最近、ずっとAS3やFlexBuilderを触ってて思ったことです。
あと数年しないうちにWEBのインタラクションや情報のビジュアライズ等、現状は比較的Flash使いのセンスに依存していた分野が、より厳密にクリエイティブからプロダクションへとして成立していくのではないかと感じました。

確実に感じたのは、AS2と比べた場合のFlex2やAS3の圧倒的な生産性の高さです。

製作期間1日、コスト数万円のそこそこ見れるツリーマップと、製作期間1ヶ月、コスト百万円の非常に美しいツリーマップ。
生産性的に数十倍、数百倍の差の開きがあり、ボタン入力やヒストリーといった機能性ではひょっとしたら前者の方が優れているかもしれない。

Webがプリケーション化すればするほど、インタラクションやグラフィックのデザインは分業化され、スキン作業に近いものとなっていく気がします。

インタラクションの気持ちよさや美的側面、カスタム性といったものだけに、
ファッション業界のオートクチュール(一品モノ)とプレタポルテ(大量生産)のような、二軸化は避けられないのではないかと。

youtube以降で強く感じることは、大半のユーザーがネット(特に携帯)に求めているのは、フランス料理ではなくファーストフードであるということです。

コストと美的側面のバランス
あと2年以内にiTune程度サイズのアプリはウェブで動くようになるでしょう。 例えばミュージシャンのサイトにFlexによるiTune的コンポーネントが実装され、視聴から販売までシームレスにいくようになった時・・・

ボクは0からFlashでスクリプトを書いて、同レベルのサイトを同期限、同予算で作ることができるのか?

クライアントは機能性を大きく犠牲にしてまで、一点ものの美しいUIを望むのか、それともコンポーネントを導入して、浮いた予算を美しいスキンのデザインやビデオに投入するのか?

コンポーネントの数が充実して、Flex2にできることと開発コストの削減が進めば進むほど、一点モノのFlashコンテンツは不利になっていきそうな気がします。

そんな中どうすれば生き残れるんでしょうね。
うがー、スッゲェムズイ。