Entries

続AS3ウザスの雑感まとめ

flashrodさんのエントリにコメント書いたら、ななしの人にコメント頂いた。

fladdict: 個人的にはそこに(*冗長な処理に)かける時間がないというのがあるんじゃないかと。
(*getURLを)navigateURLに変えてもユーザーやクライアント的にはなんの意味もないので、
その分の労力を可能なかぎりアウトプット部分につぎ込みたいという感じなんじゃないかと。

ななし: こういう仕様は Flash 自体の developer が『Flash を大規模アプリ製作環境へ移行するよ』っていうメッセージに僕には思えます。想像ですが、“単体テストに毒されているので小さい粒度でクラスを設計”という感覚に Flash の人達がついて行けてないだけだと思います。コピペで動くならそれでいいとか。
上の fladdict の人の科白にある、“ユーザーやクライアント的にはなんの意味もない” ってのはコーディングの質を気にしない、ってことで、そこは Designer なのか Artist なのかの違いがはっきり別れる所だし、自分が Artist ならそれでいいと思うけど、まぁそっちで生きて行くのは僕は無理だって思う。Processing のポジションを見ればそういう要求があるのはわかるけど、Adobe/Macromedia の描く将来像には、もっと産業化されたインタラクティヴ製作環境があるってことじゃないかな。
政治的にはここで Flash からこぼれそうな人達を、Microsoft が拾おうとしてるのが非常に興味深いですが。

Adobeの進む方向性や、インタラクティブ業界が産業化されるって状況認識には同意だけど、現状の手法がart的とか未来がないってのはまた違うと思う。あとコード品質至上主義はDesignerじゃなくてGeek的考えじゃないかと。

理論上コードの質が大事ってのはわかるけど、賞味期限が3ヶ月でほぼノーメンテで済んだりするキャンペーンや告知サイトに、どれだけの保守性やメンテ性が必要なのかと感じます。

なんか、コンサート会場設営するのにボーリングで地質調査やったり、キャンプファイヤーするのにノギスでミリ単位で木材切り出したりするのは、それはそれでなんか違う気がする。ノギスで寸法はかってる暇あったら、おいしいカレーも作って、その後花火でもやったほうが、素敵なキャンプファイヤーにならね?みたいな。

Flash使いの主戦場はアウトプットを制御するっていう、文字や数字DB操作なんかより、数レベル上のレイヤーなわけで、そこに低レベルレイヤーのAPIが充実しました!!っていわれても、いやそこ使わないし・・・みたいな話になる。多分、僕を含めAS3に?を感じたことのある人の不満感は、高レベルレイヤー提供されてないじゃん、みたいな部分が根底にあるんじゃないかと。

AS3が冗長かつ厳格だから困るんじゃなくて、ラピッドに書くという選択肢が提供されてない点に困ってるんじゃないかな? そういう意味では、今後フレームワークやノウハウが充実してくれば、克服できる問題ではあるとは思うんだけど、現状自力でやらなきゃならんから困ってる、みたいな感じ。

要はAS3がダメじゃなくて、どうやってその差を埋めようかって話