Entries

クリエイター to コンシューマーな直通エコシステム

ちょっと面白い現象をみかけたのでメモ。

まず東方シリーズってゲーム。
これは個人製作だけど市販品を軽く凌駕する出来で、シューティングジャンキーの間では有名なゲーム。総販売数で軽く数十万本単位で売れてるはず。ニコニコでも関連動画が1万件ぐらいある大人気ゲームなわけです。

もう1つはIOSYSというグループ。同人は分野外なので詳細は知らないけど、ゲーム音楽の二次創作で超有名な巨大サークルらしい。こっちもニコニコで調べたら動画が1000件以上ある。主に↑の東方シリーズの音楽の二次創作がメインっぽい。

ここまでが前提知識。

で、このIOSYSが自分達の売ってるCDを個人販売システムを使ってAmazonから買える様にしたらしい
これによって、IOSYSのCDはニコニコ市場から買えるようになったわけです。

こうなると面白い図が見える。

・個人製作のゲームが大ヒット ↓
・ニコニコ動画で大ブーム ↓
・個人製作主ウッハウハ。
・二次創作の音楽もニコニコで大ブーム ↓
・ニコニコ経由でAmazonから購入可能 ↓
・二次創作の人もウッハウハ

あれ??? 
大手の広告代理店や、ベンダー、制作委員会とか一切かかわってないのに、広告から配給まで巨大流通網のエコシステムができちゃってるよ????

ニコニコの取り分はAmazonのアフィだから、事実上ほぼ搾取や中ヌキが存在しない仕組みになってるよ??

なんかいろんな識者がクリエイターに還元とかなんとか口論してる間に、一番草の根っぽい人たちが、クリエイターtoコンシューマをさっさと実現しちゃってる???

あとはドワンゴがベクターみたいなソフトの委託DL販売開始して、市場に張れるようにしたら、なんか面白いことおこるんじゃね????

しばらくの間は、ニコニコに金の匂いを持ち込むなとか、創作と金を結びつけるなみたいので荒れるかもしれないけど、遅かれ早かれ作者に直接還元する仕組みは必要なんだから、こういうモデルケースがうまくいくといいなぁと思いました。

なんか自分の属さない世界には、知らないカルチャーやムーブメントが色々広がってるなぁ。 ただ部外者すぎて僕には文脈が完全には理解できてないので、説明できる人いたらトラバとかで教えてクダサイ。