Entries

情報を如何に人に伝えるか?の本、理解の秘密

大学時代に先生から薦められた情報伝達に関する本、『理解の秘密』。 

この本は情報建築家の先駈けであるリチャード・S・ワーマンが、「情報を他者に伝達することとはどういうことか?」ということに焦点をあてた本。

どうして上司の言葉を部下が理解できないのか、どうして部下の気持ちを上司が察せないのか、妻の気持ちは夫に届かないのか? といった様々コミュニケーションロスがなぜ起こるのか? 会話の、説明の、日常のプロセスのどの部分で、どのように情報が失われ、誤った伝達が発生するのかを淡々と分析しています。 プレゼンテーションやブログから、説明書やインターフェースまで情報伝達の落とし穴を扱った俺バイブルの一冊。

思えばこの本と『誰のためのデザイン?』の2冊を読んだことで、情報デザインの可視化とインターフェースに嵌って、プロダクトやらなんやら経由して気が付いたらFlasherになっていた。あるいみ人生の分岐点の本。

ロンドンに置いてきてしまったので再び購入。
今月は5万円以上本代に消えてるなぁ・・・