Entries

カブロボでJavaを復習してみた

最終的にcakephpをやってたら胃が痛くなるという物理的障害で挫折したので、気分転換にカブロボを弄くってみた。カブロボはIBMがやってる、Javaロボットによるバーチャル株式自動売買シミュレーター。自分の組んだプログラムが、自分に替わって株を売買するという、カルネージハートのリアル版たいな感じ。

2時間ほど株のルールの説明のサイトを見て、エクリプスをインスコして、カブロボ作ってみた。Java久しぶり。IBMカブロボのライブラリスゴイ使いやすい。

じっと動かず株価の動きの標準偏差の乱れを見張り、パニック売りや大暴落がおきたら、すかさず狩りに赴くハイエナのようなプログラムを組んでみた。登録名ボリンジャー太郎(仮)。ホリエモンショックや、9/11、サブプライムショックなどのタイミングで一般投資家に襲い掛かる、まさにハゲ鷲ファンド。

1時間程度で作ったワリには、試してみたらなんとなんとの年利18%。信用取引なしでこのパフォーマンスは銀行預金よりかなりお得。

このロボットに運用を任せれば、理論上500万円の元手が23年で2億円(働かないで生きていける目安)になる。問題があるとすればカブロボはまだリアルマネー運用ができないことと、そもそも株に500万もつっこむ度胸がないということだ。チキンだし。

こういうもんが苦痛じゃないってことは、きっとサーバーサイド云々というよりは、抽象レイヤーの作業が苦痛なんだな。即物主義の実学主義だから、結果が見えないレイヤーの作業が苦痛なのか。こう高レイヤーだけ触ってサーバーサイドのサービス作る方法ってのはないんかな。ColdFusionとか覚えればいいのか。

<追記>
いじれば弄るほどパフォーマンス下がって、結局10%前後になってしまった。orz