Entries

戦争広告代理店 – 情報操作とボスニア紛争

戦争広告代理店 – 情報操作とボスニア紛争
最近読んだ中ではピカ一に面白かった本。ノンフィクションのドキュメンタリ。ボスニア紛争の裏で暗躍したアメリカのPR企業、世論操作のプロフェッショナル達の情報戦の物語。

バルカン半島でのモスリム人とセルビア人の内戦は世界中から見捨てられいた。ボスニアの外務大臣シライジッチは、ユーゴスラビアの脅威にさらされる自国の窮状をアメリカに訴えるも、国益にならない戦争にアメリカは動かない。進退窮まったシライジッチは、世論を動かす為にアメリカのPR企業と契約を結ぶ。「民族浄化」という言葉を発掘し、単なる民族間の内戦を「セルビア人によるモスリム人虐殺」という絵に描きかえるPR企業の情報戦略。ホロコーストを彷彿させるそのイメージは、メディアをユダヤ人社会を、政治家達を翻弄し、ついには世論を動かしホワイトハウスを国連を、世界中を巻き込みんでいく。

ユーゴスラビアの首相に任命されたぺニッチは、一方的に貼られた巨悪の汚名を返上し、ボスニア陣営のPR戦略に対抗すべく、起死回生狙いで自身もアメリカのPR企業と契約を結ぼうとするが…

非常に面白い。嘘はつかない、人権は無視しない、陰謀論でもない、だが情報は確実に操作する。企業倫理のギリギリで繰り広げられる情報戦は、まるでリアル・タクティクス・オウガ、リアル・デスノートの世界。

こういう政治とリスクコントロールを専門、日本には存在しない(と思われる)アメリカ独特の文化なわけだけれども、小泉政権とかは比較的こんな感じだったよね。マスコミや著名人を牛耳って世界を動かすのではなく、マスコミや著名人が自身の意思で行動しているつもりでPR企業の思うとおりになっているという構図がそら恐ろしくもスリリングある。情報を伝達することそのもののあり方を考えさせられる一冊。