Entries

iPhone,Flash,Androidのパワーバランスに変化か

久しぶりにFlash使いも読んでて楽しめる、梅田もっちー的な煽りまくりエントリ。


先月まで、僕はiPhoneへのFlashPの搭載は100%ありえないと言い切っていた。しかし昨日、突然にモバイル・プラットフォームのパワーバランスに大きな変化がでそうなニュースが入った。

それは、次のiPhone SDK2.2SDK2.1のsafariから、ウェブアプリがローカル保存できるようになったらしいというもの。一見、たいしたことのないニュースだけど、多分これはモバイルのパワーバランスに大きな変化をもたらすことになる。


<追記>
iPhone 3G Wiki blog様に、ローカルキャッシュは2.1の段階で実装されてるとの指摘をいただきました。これは僕がローカルキャッシュのエントリの時期的にSDK2.2と間違えたミスです。一方でこのミスは本文の論旨そのものには影響しません。ローカルHTMLは依然としてAppStoreのモデルと競合しますし、それはSDK2.1の発表時にこの機能をフィーチャーしていなかったことからもわかります。


■なぜFlashはiPhoneに搭載されないのか。

まずSafariの仕様変更が何をもたらすかの前に、なぜFlashが搭載されないかをおさらいしよう。

その理由を一言でいえば、Flashの搭載はAppleのビジネスモデルを破壊するからだ。

Apple・iTMSの基本戦略はコンテンツ配布の権利をAppleが独占することが前提条件となっている。かりにiPhoneの上にFlashレイヤーが敷かれ、AdobeがFlashによるAppStoreを開始した場合、Appleのビジネスモデルは容易く崩壊してしまう。ゆえに今まで、何があってもiPhoneはFlashを搭載することができなかった。しないのではなく、できなかったのだ。


■何故かわるのか?

WEBアプリケーションのローカル化の採用には、おそらく以下の3つの理由があるが、おそらくAppleとしては苦渋の決断だっただろう。

・全てのアプリを囲い込まなくても、iTMSで十分な収益が得られる見通しが立った。
・アプリケーションの登録システムは、もはやパンクして機能していない。
・AppleはiTMSを通じての、広告モデル無料アプリを望んでいない。

iTunesを機能不全にさせない為にとられた今回の措置であるが、WEBを通じたアプリケーションの配布によって、全てのアプリケーションをコントロールするという基本前提が崩壊した。これ自体は、iPhoneがFlashを採用する直接な理由にはならない。だが、以下の理由からおそらく最終的にAppleはFlashを導入せざるを得なくなるだろう。


■ローカルキャッシュのもたらすもの

Webアプリのローカル使用は、全てのWEB開発者が、iPhoneとAndroid両方のアプリケーションを作る手段を得たということだ。

これは事実上のWidgetプラットフォーム戦争の勝者が、HTML5とWebKitになったことを意味する。今後のモバイルアプリケーションのスタンダードの一角としてHTML5, WebKit, JavaScriptが台頭していくことは間違いないだろう。以後のモバイルの多くはWebKitを導入せざるを得なくなるだろし、これ以後事実上iPhoneの解像度とブラウザの機能を参考に、後発の携帯電話は開発せざるを得ないということでもある。


■モバイルFlashの復権

こうなるとFlashPlayerはモバイルのプラットフォーム構想のパワーバランスに大きく関わってくる。

これには2つの理由がある。まず、HTML5ベースのアプリケーションはリッチメディアの取り扱いに難がある。そしてその問題をクロスプラットフォームで解決できる手段は、現在事実上FlashPlayerしかないからである。

Flashはそのコンセプト上、プラットフォームが多様化し、泥縄化すればするほど有利になるという特性を持っている。プラットフォームが分散すればするほど、全ての差異を吸収するラッパーとしてのFlashPlayerの価値は相対的に上昇する。

そしてWEBモバイルアプリケーションが、あらゆるモバイルで当たり前になったとき、iPhoneはFlashPlayerを拒否できるだろうか?? おそらくできない、iPhoneがFlashを突っぱねられていたのは、それがマルチタッチの次世代モバイルがiPhoneの独占市場だったからだ。独占の段階をすぎれば、Flashを搭載しないiPhoneは他のAndroidやWindowMobile端末に対する競争力を大きくそがれる。


■今後の展開

このようなことを踏まえると、短期的な戦略としてはAdobeはiPhoneを無視してでも、AndroidのFlashPlayerに注力すべきだし、事実その方向に動くだろう。また急務となるのはAdobe手動によるアプリケーション配信、課金モデルだ。

もしAppleとの単独交渉しか選択肢がない場合、AdobeはどうあがいてもFlashのローカルファイルのアクセス不可と、Adobe AppStoreを作らないということを受け入れなければならなかったと思う。しかしAndroid市場ではAdobeとGoogleは直接的に完全競合するわけではない。AdobeがAppStoreを作ることは、Googleにとってはそれほど危険なことではない。 もっともAdobe AppStoreは、AppleやMicrosoft、Docomo等にとっては核爆弾級の危険カードなので、軽々しくきれば反Adobe連合のきっかけになってしまう大技なわけだけど。

その一方でAdobeも受け入れなければならない2つの壁がある。1つはこの方向に進む場合、AIRを基幹とした戦略にかなりの見直しを迫られること。もう1つはMSとの政治的闘争でActionScriptをECMA標準の座から引きずり落とされたことだ。Widget製作のスタンダードがHTML5とJavaScriptに傾いたこのタイミングで、ActionScriptがECMAとは分化してしまったことは痛い。開発者の囲い込みに障壁ができてしまった。

個人的にはFlashはAS3を捨てて、ECMA3.1準拠の新言語を作るべきだと思ってるが、さすがにこれはリスクもコストも高い。ECMAに準拠しなおすのも、独自路線を貫くのもどちらも読めないバクチだろう。


そんなこんなで、今回の控えめな仕様変更は、おそらく予想以上大きな波を作り出す。一番わりを食うのは、日本の従来からある携帯アプリ市場、携帯サイト市場だ。僕は正直終了だと思うけど、日本はガラパゴスじゃないよ派というのはそれなりにいるので、今後数年は攻防が繰り広げられるのではないだろうか。

なんにしろ、Flash使いはこの波をうまくつかめれば、いっきにモバイル市場を席巻できる。まだまだ状況は二転三転しそうだが、久しぶりの大波乱だ。僕達Flash使いにとってもスマート・モバイル上のFlashコンテンツは次に移住すべき最重要の土地になるだろうし、そこへにいたる為の変化と技術投資に備えなければならない。

テ ン シ ョ ン 上 が っ て き た ぜ。