Entries

iPhone開発関係者700人で情報共有しようぜ

昨年末から種を撒いてきた、iPhone開発者の情報共有ムーブメントが、着々と整ってきた。

おりしも昨日作った情報共有用Twitter、@iphone_dev_jp は、告知24時間でなんと450人が登録した。 これがうまく機能すれば、国内の開発競争のルールは大きくかわるはずだ。 なぜか?



規模はルールを変える
それは、@iphone_dev_jp が、 ここで面白いアプリと認知されるだけで、日本ランク30位を狙える規模の情報共有装置になったからだ。

たとえ学生であっても、@iphone_dev_jp で情報公開し、貢献によって知名度を上る。そして、面白いもの作って告知すれば、十分に小規模ベンチャーと互角に戦える。

つまり、もう国内では、@iphone_dev_jp にガンガン情報を流すことが、生存戦略として十分に合理的になる。 

このまえ情報共有の話したら、「フリーライドや沈黙の方が得だよね」という声が大きかったので、国内の生存競争のルールに干渉してみた。


海外プレイヤー名簿
さらにここに、海外で偶然発掘した海外の開発者250人のTwitter名簿がある。 Twitterific, MobileFotos, AirSharing…等々ビッグプレイヤーも含まれるリストだ。

これで合計700人、世界レベル情報網の基盤ができた。 これをうまく使いこなせば、世界中のパブリックな最新情報・技術を数時間以内に取得することができるはずだ。


この情報の用途
以前からいうとおり、僕個人の意見は、「国際レベルでの情報共有の前に、国内で協力してビッグプレイヤーになるべき」というものだ。だけど、いきなり世界で情報共有したい人にだって、同様にこの情報は十分に役に立つ。 日本同盟作りたい人はそのように、世界交流したい人もそのように、フリーライドや踏み台にしたい人もそのように。

使い方は各プレイヤーが自分の思惑にしたがって決めればいいと思う。


つぶやき
まぁ何がいいたいかっていうと、情報共有しようぜ!! そのほうが絶対得だから。 だってクローズドやフリーライドでやってたら24時間で700人の開発者と情報交換するチャンスを作るとか絶対無理だもん。 オープンのほうが絶対得だって。

無名の学生や同人野郎や、ニートでも、面白いもん作ればいきなり世界プレイヤーみたいな環境のほうが絶対楽しいじゃん。 やっぱそういうのが好きでwebやってんだし、夢は見るより叶えようぜ。 暇な人は、はてぶやdeliciousって、露出をあげてくださいまし。