Entries

情報共有をしない奴は何故アホなのか?

前回のエントリーで、「情報共有の重要さを理解できない奴はアホだ」と書いた。何故アホなのか?

<追記>
コメント欄で指摘されましたが、「情報を共有しない奴はアホか?」というのは表現として不適説でした。正確には共有しない事が悪いのではなく、「共有しないほうが得だと考え、意図的に情報を隠している奴は何故アホか?」ですね。 ここは素直にゴメンナサイです。


「共有か?抜け駆か?」という話では、往々にしてゲーム理論や囚人のジレンマが引用される。だが、この囚人のジレンマは、実のところ机上の空論だったりする。それはなぜか。



なぜ囚人のジレンマは机上の空論か?
囚人のジレンマには幾つかの成立条件がある。

その1つは、「プレイヤー間での情報交換や、強制力のある合意を形成できない環境」というものだ。つまり、情報交換ができるプレイヤーが多数存在する時点で、囚人のジレンマを持ちいた説明には意味がない。

プレイヤー間での合意が成立する場合、とりうる最善手は「同盟を組んで巨大なグループを作り、傘下に入らないグループを殲滅する」である。 コスト的にはこれが最も合理的である。 この場合引き合いに出すべきは、囚人のジレンマではない。ランチェスターの二次法則だ。


ランチェスターの二次法則
この法則の細かい説明はwikipediaにまかせる。 結論だけ述べると以下の通りとなる。即ち、「1対1の戦闘を10回するよりも、10対1の虐殺を10回するほうが楽である」ということだ。

プレイヤーの数が多く規模が小さいほど、戦力の差は決定的になる。プレイヤーが小粒なiPhone市場では、比較的簡単にランチェスターの法則が有利に働く盤面を作れるはずだ。


市場規模が同盟戦略に合理性を与える
iPhone1台あたり平均有料アプリ数が5個、その平均価格が350円、世界でiPhone+touchが3000万台としよう。 touchがゲーム用と認識された現在、大分少なめの見積もりである。この場合、世界のアプリケーションの売り上げは525億である。 プレイヤーの取り分は70%の367億。年商1億のプレイヤーが367社存在できる規模なわけだ。

これだけの規模がある場合、同盟により海外プレイヤーを出し抜けるのならば、国内プレイヤー同士で競争する意味はない。 市場が十分に大きければ、お互いに潰しあうことなく目標利益を達成できるからだ。ゆえに、まず行うべきは複数のプレイヤーの基礎ノウハウを束ねし、技術競争において海外の単独プレイヤーが追いつくことのできない状況を作り出すことだ。

売り上げ目標が数億程度でよいのならば、5社ぐらいで結託し、弱小ライバルを圧倒的な基礎開発力で蹂躙するほうが効率がよいわけだ。


日本語の壁
さらに、このランチェスターの法則が我々に有利に働く最大の要員の1つが、日本語という壁である。 通常IT市場全般において日本語はデメリットとなる。海外リソースへのアクセスが難しく、国際化のコストとノウハウ開発がかかる為である。

しかし上記2つの問題点は、同盟により国内リソースを共通化することでカバーできる。 そして逆にメリットも存在する。

メリットとは日本で開発されたノウハウは、国内限定で共有できるということである。 つまり、国内で情報を共有し、海外勢力に対抗するという戦略をとる場合に限り、日本語はデメリットではないのだ。 日本という国土が小さく言語が統一されている為、連携がとりやすいことも有利に働いている。

英語の場合、情報共有をしようとすれば全てのプレイヤーに対し情報がオープンになってしまう。また、全ての英語プレイヤーが同盟を組んで他のプレイヤーを殲滅する戦略は、英語がマジョリティである為成立しない。 非英語プレイヤーを排除しても、英語プレイヤーの数が多すぎる為に、同盟の旨みがないのである。

つまり日本のプレイヤーは大連合戦略をとることはできるが、英語プレイヤーはこの戦略をとることができない。この点が、ランチェスターの二次法則が有利に働く要員となっている。


結論
以上のような考察から、僕は海外市場を狙うべきだし、その場合は同盟を結成するべきであると考えている。

逆にもし、「市場が十分に大きくて、プレイヤーが十分に小さい」という状況下で、裏切りを選択することで利益の最大化を狙える戦略があるぜ!!という人は提示してもらいたい。本当にあるならばスゴイ興味がある。


つぶやき
ここでは情報を共有するのが合理的であるということを説明する為に、iPhoneアプリ開発を純粋に戦争として扱っている。孫子呉子クラウゼビッツの戦争論がベースとなっている。

「我れは専まりて一と為り敵は分かれて十と為らば、是れ十を以て其の一を攻むるなり。」 by 孫子
「和して、しかる後に大事をなす」 by 呉子
「手元にないので忘れた」 by クラウゼヴィッツ

倫理や道義、程度の問題といったことは、情報共有の合理性とは関係ない為、ここでは割愛している。 別に本当に海外プレイヤーを皆殺しにしろってわけじゃないので、勘違いしないように。