Entries

みんなで協力して告知システム作れないかな

Twitterの @iphone_dev_jp に参加している皆様は、実感していると思うけど、情報の流通コストは一括処理さえしてしまえばアホみたいに下げることができる。

逆を言えばコストの大部分は、中間経路でのエネルギーロスによって成り立っているといっていい。ここの部分を、国内のプレイヤーでバッチ的に処理する仕組みがあれば、海外展開が大分楽になると思うのですよね。


例えば、国内の上位プレイヤー30人が、月々2万円捻出するとします。 この60万円でバイリンガルなライターを1人雇って、海外のアプリ紹介系ブログへの記事提供や、プレスリリースの発信を任せたりしたらね、大分ステキなんじゃないかと思うわけですよ。 個々の企業が、散発的な広告やプレスをするよりも圧倒的に安い予算で、圧倒的に大きい広報活動ができる。1人の人間がフルタイムで動くわけだから、情報やノウハウの集積も効率がいいわけです。


ちょうど148appsがライターを募集してるの見て思いついたのですけど、ライターを十分に中立的にできるのならば、こういうアプローチは海外メディア、個人開発者、企業、ユーザー、全員の利害が一致するわけですよね。


iPhoneのアプリ開発は、予想以上に費用対効果をタイトに考えないと、利益がでないんじゃないかなと思ってます。  あまり従来のプレス手法とか、企業間での同盟は非現実的だとか、そういう固定観念をいったん取っ払って、はてなで3万円質問するのと、プレス代行1本頼むのどちらが利益になるかとか、純粋に数字でリスクとリターンを計上したほうがいいんじゃないかと。 そうすれば、もっと面白くなるんじゃないかと思うわけです。

専属ライターの維持費月3万円なんて、リスクのうちにも入らないわけで、試してみる人がそれなりにいてもいいのではないかと。