Entries

HTML 5の仕様からオーディオ・ビデオコーデックに関する要件白紙に

Slashdot: HTML 5の仕様からオーディオ・ビデオコーデックに関する要件白紙に。ベンダーの意向の相違が原因。

HTML5にて、ビデオコーデックの仕様が定まらず、予想通りに迷走してるっぽい。

Flash Playerの対立軸(?)として、一部で持ち上げられているHTML5だけれども、課題というか大きな問題点が1つある。 それはHTML5が利害関係の一致しないプレイヤーの綱引きで、フットワークと合理性を失いつつある点だと思う。

ビデオのコーデックなんかは、事実上のディファクト状態になった .flv 以後の主導権を誰が手に入れるか?という綱引き状態で、宙ぶらりん状態な感じかと。iPhone導入を契機にYoutubeにH264対応を押し通したAppleとしては、TheoraよりH264を通したいのだろうし、他も色々考えがあってまったくまとまらない。

<追記>はてぶで指摘があったとおり、flvはコーデックではないのでその点を補足。大雑把に書きすぎました。flvが使ってるsorensonやON2 VP6が駄目な方向で策定してflv殺したとして、その後に誰に有利なコーデックを導入するかって感じかと。

一方でプロプライエタリであると批判を受けるFlash Playerではあるけれど、そのプロプライエタリさゆえに強い。x

HTML5は2012年に普及予定だったと思うけど、2012年にはFlash Playerは13とかなってて、益々出来ることに差がついてしまうことになる。ここら辺は某エバンジェリストの人もブログに書いてたかと。

2012年までにwebがどう進化するかしらないけど、ジオタグでもARでもマルチタッチでもFlashはその気になれば次の年には搭載できる。しかしHTML5は一度策定してしまえば、2015とか2018まではおそらく動けなくなる。

そもそもFlash vs HTML5みたいな近視眼的な対立軸を超えて、HTML5は各社の調整と普及のボトルネックが加速する技術発展の速度に対応できないのではないか?という感じなんじゃないかと。 ECMAスクリプトもそうなんだけど、複数の利益の異なる団体が協議して仕様を策定していくというスタイルは、もう現在の時代の変化スピードの前ではあんまり現実的じゃないのかもしれないなぁと思うのです。