Entries

Flash Player 10.1 プレリリースと雑感

Flash Player 10.1が出ましたね。 最近iPhoneしかやってないようにみせて、もちろんちゃんとキャッチアップしてます。以下それぞれのキーフィーチャーについて雑感めも。こう列挙すると10.1はモバイルとメディア配信に特化したアップデートのようですね。


モバイルへの対応
Flash Liteに代わり、主流である10.x系がモバイルに対応。 今後はCPUとメモリさえついて来れれば、PCで動くものと同じコンテンツがモバイルで動きます。これはwebのflashよりも、今後は携帯でAIRアプリが動くようになるだろうという観点で見る方が面白そう。

マイク解禁
いよいよ音が取れるようになりました! 広告系では色々使えそうですが、アート系でも大喜び。ボイスチェンジャーから「flashオンリーのp2p電話」まで色々使えそうです。

マルチタッチ、加速度センサ、画面回転
はいiPhone

グロバリゼーションAPI
ローカライズの逆。 国によって日付や時間や距離の単位を変更するとか、テキスト左から右にとか、多分そんなの。国際コンテンツやらない日本のFlasherにはあまり関係ない分野か。

ビデオ保護
ビデオを暗号化したり、録画を保護したり。 ようは.flvによるビデオ配信のネックであった、ソースの流出とかDRMとかそこら辺の対応。

HTTPサーバー上でのビデオストリーミング
ビデオのストリーミングがメディアサーバなしでできるように。 FMS使ってれば、ビデオを巻き戻しても再バッファしなくなったり。映像系は大分強化か

P2Pのビデオ送信
ユーザー同士、p2pでweb camの映像を送れるように。地味に色々イノベーテイィブなことができるというか、ロビーサーバさえ作ればスカイプもどきとかサクッと作れそうな予感も。

グローバル・エラーハンドリング
エラーを一カ所でグローバルにハンドリングできるように。別にコンテンツがどう変わるというわけではないけど、通信系とか非同期系のエラーを一括管理できるのがよいのかな。基本、ユーザーにはあまり関係ないこと。

モバイル向けへの再設計
GPU対応したり、メモリーやCPUの効率がよくなったり。ぶっちゃけプレイヤーがより速く軽くなった。直接的には一番嬉しい点。