Entries

Kindleストアの個人印税率35%

Alternative Blog: 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 – Amazon Kindleの衝撃

Kindleのストアでは個人でもISBNさえ取得すれば、印税率35%で自費出版できることに。 残念ながら今はまだ米国のみだけれども、Kindleの多言語対応とともに日本でも可能になるはず。

通常の書籍出版が印税率8%程度なのにたいして、デジタル版は在庫がない上に著者に6倍近いペイメントがでる以上、ある程度力のある作家やブロガーは、確かに自費出版に動く可能性も高い。あと同人系とかも。

■リアル書籍の場合の売上300万円分配
  ・小売・流通会社 90万円 (30%) 
  ・印刷・製本会社 120万円 (40%)
  ・出版会社 60万円 (20%)
  ・著者 30万円 (10%)

■電子書籍の場合の売上300万円分配 (リアル書籍と同額の1000円で販売した場合)
  ・Amazon 195万円 (65%)
  ・出版会社 75万円 (25%)
  ・著者 30万円 (10%)

■電子書籍で著者が直接販売する場合の売上300万円分配 (同上)
  ・Amazon  195万円 (65%)
  ・著者 105万円 (35%)


そもそも電子書籍で、印刷や物流、在庫ストックが0になってたのに、著者印税が変わらないっていうところが、はっきりいってズルかったわけだけど、そこをついにAmazonが破壊しにきた感じ。

このルールでは出版社というより、今後はエージェント的なシステムが勃興してくるんじゃないでしょうか。作家が書籍を出版するときの諸々を代行して5%とかあがりをもらうみたいな仕事。

出版社、どうなっちゃうんだろうなぁ。