Entries

読書日記 – スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン


スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

『聖帝ジョブズ』ことAppleのカリスマCEO、スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを分析し、体系化してまとめた本。

実は、この本は英語版をKindleで買って既に読了済だった。自分にとっては初めて専用端末で読んだ電子書籍本。

それを「この本が超オモロい!!」ってTwitterで叫んでいたら、日経BPさんが日本語版をくれました。いつもお世話になります。

現実歪曲空間(Reality Distortion Field)とまで揶揄され、狂信的なカリスマを発揮する、世界一プレゼン巧者スティーブ・ジョブズ。そのジョブズの過去のプレゼンを引き合いにだしながら、ジョブズのプレゼンで投入される手法を冷静に分析している。(ちなみにジョブズの歴代プレゼンはiTunesで手に入る

もし人生で一回以上、プレゼンなり講演なりをするならば、この本を読んで損することは絶対ないと断言できます。僕も練習して、現実歪曲空間を身につけるぞっと。