Entries

【寄付ハック】 3000円以上を慈善団体に寄付した人に、iPad2をプレゼントします



「3000円以上どっかの慈善団体に寄付した人から、抽選で1名に、新型iPadプレゼントしようと思います。」 現在募金額40万円突破。ありがとうございます。

清水さんの寄付に関するエントリへの、自分なりの解答です。

ルール
・「1/15 〜2/15の期間に3000円以上を慈善団体に寄付し、連絡先をコメント欄に書き込んだ人」から、抽選で1名に次に発売される新型iPadをプレゼント(アメリカ行ってでも入手します)。

細かい規定は末尾にあるので、各自で確認。
質問等は僕のTwitter@fladdictへ。


オンラインで簡単に寄付できる例
国境なき医師団
マクドナルド・ハウス・チャリティー
ユニセフ(日本支部無視して直接)
パキスタンの洪水
中国Qinghai の大地震
チリの大地震
ハイチの大地震






なんでこんなアホなことを?
しない善よりする偽善。売名だろうが下品だろうが、功利が大きければそれでいい。ペットボトルのキャップ集めたり、千羽鶴とか折時間があるなら、工事現場で労働して現金送れ、そう思っちゃうタイプです。

その一方で、孤児院の子供1人にランドセルを送ることが、どれだけ世界をよくするかもわからない。マキャベリスト兼、功利主義者を自称する僕としては、あらゆる手段を選ばずに最小の労力で最大のハピネスを生み出したい。目指すべきは戦術的勝利ではなく、戦略的勝利。そしてIT業界の人間ならば、個別対処よりもシステムによる解決こそジャスティス。

なんとか法律の隙間をくぐり抜け、最小限の出費で最大限の効果を出せないか?

で、思いついたのがソーシャルハック。 3000円以上どっかに寄付した人の中から抽選で1名に、次に発売される新iPadを自腹でプレゼント。です。普通のiPadじゃないですよ、新iPadを、米国で発売しだい、先行入手してお届けします。。4ギガのやつ。

iPad1台の金額以上の効用を作りつつ、税制上の問題をあざやかに抑え、プレゼント提供者と金銭を切り離し景品表示法・不正競争防止法・当せん金付証票法・賭博法を回避しつつ、寄付に興味の無い人の注目を喚起し、不適切ギリギリの手法で「寄付」そのものに対する議論を活性化させる。。。その上自分は厳密には1円も寄付していないという偽悪趣味(iPad分は出費するけど)、みんなは「寄付とか興味ないけど、iPadが欲しいから仕方なくやった。後悔はしていない」とかいいはれます。

このアプローチへの異論、反論は大歓迎ですが、できればiPad1台分以上の寄付をしてから反論してくれると、みんながハッピーになると思います。 「ケッ!反論したいから、しかたなく寄付してやったぜ!」ってカッコイイ台詞も吐けます。



おまけ


賛同するけど3000円がない、寄付メンドイ、という方は、気が向いたら弊社のiPhoneアプリiPadアプリを買って頂けると助かります。万が一、支援でポチッと115円のアプリが600個売れると、およそiPad1台分の購入資金が捻出できます。知らない人にナチュラルに善人だと思われても背中が痒くなるので、これぐらいは宣伝させて。





詳細なルール
・当選対象は、1/15〜2/15の間に、3000円以上の寄付を慈善団体に行った人間。

・参加者は、寄付後にコメント欄に書き込む。要連絡先。証拠へのリンクも推奨。

匿名で参加したい人は、連絡先のみコメントして、商品引き渡しのタイミングで寄付を証明するのでもアリです。

・2/16日に厳選な抽選を行い発表。

・商品の引き渡しには寄付の証明が必要。

・当選者と連絡がつかない場合は、最終的な当選者が出るまで再度抽選を行う。

参加者の悪質なイカサマが発覚した場合、該当者は新iPadの入手費用(渡航代等)を全負担することに同意したものとする。

・トラブル等により該当者不在の場合は、このエントリーをはてぶした人、Tweetしてくれた人、ブログで紹介した人から抽選で1名に進呈。

・スポンサーが表れた場合、プレゼントされるiPadの数が増える可能性がある。


・受賞者が望むなら、同金額相当の別のものでも可。


免責
・終了日までに証明された寄付の総額がiPad1台分以下であった場合、キャンペーンが中止される可能性があります。

・法律的な問題が発生し、キャンペーン中止を余儀なくされた場合、受賞資格者1名に、私とは無関係の第三者から突然iPadが送られてくる不思議現象が起こる可能性があります。

・米国での先行発売版(4G)を入手失敗した場合、プレゼント受け渡しが日本での発売日にずれこむ可能性があります。


最後に
このハックのインスピレーションを与えてくれた、マザー・テレサに敬意を表します。 ローマ教皇から貰ったスポーツカーを景品に宝くじを行い、多額の寄付金を捻出した彼女のアイデアは、20世紀ソーシャルハック最大の発明だと思います。もちろん、このハックのきっかけを与えてくださったshi3zさんにも多大なる敬意を!


バナー
tatsdesignが、エントリ投稿後数時間でバナーとA4のポスター(PDF)を作ってくれました。仕事はやい! ブログ等でご紹介される方はよろしければご利用ください。