Entries

Web屋の為の防災グッズ構成

4年内に地震が起こる確率が70%とか、25日に地震が起こるとか言われている今日この頃。
そういえば自分も、防災グッズを用意してないことに気がつきました。

Amazonで防災グッズを色々とチェックをしたのですが、福袋や在庫パックと見まがうほどに中身が違うんですよね。しかも、十得ナイフとか既にもっているものもチラホラ… こうなったら、自分専用の防災セットを構築するしかない…と思い至ってAmazonでポチポチと集めてみました。

テーマは96時間生存

防災セット構築で、自分なりのテーマは96時間生存。

たとえ東京で直下地震が起きたとしても、4県(福島〜東京)も移動してしまえば、大半の問題は現金で解決できるんですよね。

なので長期生存や被災キャンプ用の装備は全部無視、短期生存、首都圏脱出を最優先にしたコンパクトな防災セットを作ろうかなぁと。とりあえず候補は以下のもの

メイン戦略

・現金を持った状態で、電気とネットのある場所まで逃げられればOK。
・PC買ってクラウドと同期さえできれば再帰可能。
・海外のデザイナーやプログラマー友達の仕事を手伝えば、収入はキープできる。

なので

・短期生存と首都圏脱出の装備に特化。
・配給を前提に食料と水は少なめ。
・入手難度の高い消耗品とシェア不可能アイテムに特化。ライターとかラジオは捨てる。

防寒装備
凍死が一番怖いのでアルミシート、カイロ、防寒下着、寝袋、あと軍手のかわりに防寒手袋。

防水装備
カッパ、ジップロック、ろ過フィルター。

防塵装備
防塵マスク。被災地の埃はマジヤバいです。

メディカルグッズ
消毒、血止め、ピンセット、バンドエイド、ナイフぐらいは最低限欲しい。あとアレルギーと病歴、血液型のメモ。

電気装備
ライト、ソーラー充電器、1世代前のiPad。たとえ圏外でもiPhone、iPadには色々な書籍やツール、ストレス解消用の現実逃避セットが色々入ってるので。

結束具
ヒモ、ベルクロ、輪ゴム、コンドーム。 ヒモは神のツール。iPadにアウトドア・ロープ入門とかいれておけば、ハンモックからナップザック、家まで作れる。コンドームは簡易用の水筒と防水バッグに。

抗生物質
抗生物質の入手は難しい。感染症対策。食料は配給、コンビニから徴収、強奪と色々選択肢はあるけど、医療品の入手難易度は高いので。

ヘルメット
落下物対策。現地調達が難しそうなので。

食料
マヨネーズとサプリ1ビンのみ。マヨだけで96時間生存可能なはず。 現代社会では96時間生存程度の食料なら割となんとかなるので、それ以上は現地調達。

筆記用具
紙とシャーペン。

現金10万円
ユニバーサル引換券。最悪でも隣の県まで移動すれば、10万円あれば2県ぐらい移動できるはず。そっから先はカードで。

非常用通帳
メイン貯金と別途分けて貯金した緊急資金とカード。 今回の防災セットは「他県までいったら現金の力で生存する」ことが前提なので、お金が確保できないと詰む。メインカードが使えないときの保険。

といった具合で構成してみました。

まぁ、こういうのは構成を考えるのが一番楽しいよね!ということで。この装備なら自分が死んでも、わりと自己責任で満足できます。
異論反論、俺ならこうする!コレをいれるべき!!とかは、僕のTwitter宛で教えてください!