Entries

Lineを殺すサービスの作り方

別にLine嫌いじゃないけれど、むしろ応援してるけど。でもLineの一人勝ちはあまり面白くない。

というわけで思考実験として、今からLineに追いつくVoIPアプリをどう作るかを考える。

Lineを殺す方法とは、如何にLineの魅力とビジネスモデルを無効化するプロダクトを考えるか? だと思う。単純にラインよりもいいアプリを作ろうでは、先行者利益を覆すのは難しい。日本のサービスは「いいものを作るぜ!」が多いが、海外のサービスの「現在のビジネスモデルを台無しにするぜ!」というスタイルが有効だと思う。

根本的にLineの本質は、

  • 電話が無料でかけられる!
  • 電話からの移行がラクチン!
  • スタンプが楽しい!

の3点だと思う。つまり「速くて安くて美味い」をベースに、ちょっとばっかり優越感を味わったり差別化をしたい人から課金をする・・・というモデルになっている。この3つの魅力のうち1つか2つを、破壊あるいは無価値化するプロダクトを作れば、Lineといい線で戦えるのではないか。

結論からいうと、Lineの設計で一番脆弱なポイントはスタンプであると思う。収入源がスタンプに依存しており、この設計を容易には変えられない。ここがLineの弱点であり、この一点さえ無価値化できれば、ユーザー的にもビジネス的にもLineの魅力は半減する。

つまりLineにとって驚異なのは、「スタンプが無料」であり、「ユーザーが自由にスタンプを作って共有」できる、Lineクローンだ。

スタンプが札束をするような低工数で作れる以上、無料開放してしまえばユーザーは簡単にスタンプを大量生産できる。そしてその無料性と物量、Lineで正規流通できないようなスタンプすらある、ということがLineの魅力とビジネスモデルを徹底的に破壊する。

  • Lineの収入と魅力はスタンプに依存している。
  • スタンプは工数が低い上に、利益率が高い

この2つがLineのキモであり弱点。スタンプは攻めやすく、守りにくく、相手の生命線という絶好のポイントなのではないか。

Lineがソーシャルにむけて大きく仕様を変えようとしている現在、少なくないユーザーが脱落/離脱をすることは想像に固くない。mixi〜twitterまで、ソーシャル系アプリの仕様変更はマイナー変更でさえ軋轢を生む。元々ソーシャルでないアプリをソーシャルにするのなら尚更だ。このタイミングはLineと戦えるサービスを作る為の、直近のチャンスなのではないかとも思える。

ちなみに、これだけだとLineのビジネスモデルを破壊するだけなので、その後にどうやってマネタイズするか・・・という問題になる。まぁ、作るだけ作って、電話会社に売ってしまえばExitできるんじゃね?という大雑把なのでもいけそうな気はするけども。

個人的にはサイバーエージェントあたりが殴り込みをかけて、GreeとDeNAがどっか買収して後だしで乱入するような展開になると素敵。

続くかも