Entries

安価な3Dプリンタでも、ツルッツルのオブジェクトを作る方法

RepRap: Blogより

通常の3Dプリンタは積層出力なので、制作物に0.1〜0.2ミリほどの縞模様がついてしまう。このため3Dプリンタで出力されたオブジェクトは、金型出力のようなツルツルのモデルにはならない。

このガタガタのABS樹脂性のモデルを、事後処理でスムーズにするノウハウを考えだした人がいるとか。

必要なものは、ホットプレート、ガラス瓶、アセトン、アルミホイル、針金。

  • ホットプレートを120度ほどに加熱する。
  • ガラス瓶をのせる。
  • 瓶に3〜4mmほどアセトンをそそぐ。
  • そのうち瓶のなかで、アセトンが蒸発して蒸気が立ち上ってくる。
  • 蒸気が瓶の口に達したら、温度を90度にさげる
  • 針金で吊るしたアルミホイルの台座に、モデルを置いて、瓶の中につりさげる。
  • 5分〜10分ほど待って取り出すとツルツルに。
  • 終わったらプレートをオフにすると、蒸気はアセトンに戻る。

つまり、アセトンの蒸気をABS樹脂に噴霧することで、段差を溶かしてしまうと・・・
乱暴だけど、面白いやり方だなぁ。その分ディテールは潰れますが。

アセトンガスは可燃性なので、やるときには火気厳禁で。
瓶のなかにライターやタバコ突っ込むとバーニングします。

<追記>
アセトンはマジ劇物です。慎重に蒸気を観察して、瓶から湧き出ることがないようにしてください。
アセトンガスは静電気とかで着火するので、瓶から溢れたらちょっとの刺激で火炎放射器モードになります。