Entries

JSで蝶を飛ばしてみるなど

今日のスケッチ蝶蝶がいっぱい
processing.js だいたい理解した。

蝶の群れだけど、boidというよりは、perlin noiseによるフォースフィールドの復習。
定番ですがperlin noiseで作った雲状bitpmapのR値とG値を、XY方向の気流の力として適用する・・・ってアレです。
リハビリリハビリ。

ここ数年こういうコード書いてなかったので、すごい腕が落ち込んでる。
スムーズな方向転換系アルゴリズムを作れないうちに時間切れ。
昔は2〜3時間あれば作れたのに・・・ジジイになったってことか。

ところで、processing.jsの現行バージョン、tint()関数が壊れてませんかね?
フォグでZ-Depth的表現しようとしたら、どうにも動かない。

1日1〜2時間、プライベートの時間にちょこちょこ作って一気にリハビリしたい。
Daniel Shiffman師父の、インタラクティブ教科書とかも時間あるときに復習しときたい。


The Nature of Code