Entries

日本経済を回す気がない

最近なぜだか消費に興味がわかなくなった・・・

もはや日々の生活においても消費がない。食費、家賃、移動等の経費意外を除いたのこりの出費うち、90%はAmazon、Apple、GoogleのIT3大外資に貢いでる。

学生のころは、「将来はピエール・ポーランのイスとか買って、打ちっぱなしの部屋に住むぞ!!」とか思っていたが、いざ買えるようになったら別に欲しくなくなっていた。

そもそも新品に興味がない。持ち家に興味ない。自動車にも興味ない。旅行もしない。ブランドにもそこまで興味ない。根本的に所有欲が少ないのか。

こういうと「よい品を知らないからだ」と言われる。でも自分もいちおうiPhoneバブルのピークでは、100万円ぐらいのレンズ買ったり、アフリカ旅行したり、数万円の食事やワインとか飲み食いと色々やってみたこともあった・・・その後iPhoneバブルは一過性で終わり収入も激減したけど、別に困らないし散財に意味がないことを悟った。どうも量的な満足感という意味では、高額製品ほどコストパフォーマンスが悪いのだ。

冷静に考えてしまえば、世の中の消費の大半は、本来まったく必要ない。

朝食は365日リンゴと豆乳のまとめ買いだし、車買うよりタクシーがトータル安いし、マンガ買うよりマンガ喫茶が便利だ。服はユニクロ。新刊は無視して完結作を古本屋で買う。名作はマニアに聞けば布教用を貸してくれる。スタバより高級茶葉を自分でいれるほうが安い。生命保険は出産のタイミング以外は合理的でない。TV持ってない。オフィスも連合でシェアオフィスを開設し、設備機材や本、ゲームまで全部シェアしたら思いっきり経費圧縮できた。不動産は、ちょっとだけ欲しいけど関東大震災とオリンピックが終わってからでいいかなぁ・・・と。

「そんな人生なにが面白いの?」という声も聞こえるけど、自分としては1日1冊本を読むだけで十分に面白い。

そもそも文章書いて、絵描いて、楽器を弾いて、プログラム書いて、写真とってれば、自尊心だろうがエンドルフィンやアドレナリンなどの脳内麻薬の大半だろうが、ほぼゼロコストで自給自足できる。逆にお金を使わないと脳内麻薬が生成できない・・・というほうが問題だと思う。唯一のお金のかかる趣味だった読書(月10万ぐらい買ってた)も、最近は電子書籍やインターネッツのおかげで大分圧縮された。もはやお金で買える欲しいものは、健康と時間と労働力ぐらいしかない。

たぶん、自分みたいな人は徐々に増えていて、日本経済はお金の行き場を失ってるのだろうなぁ、と思う。