Entries

UI考(番外編) AppleWatchについて、あまり語られてない視点

AppleWatchの発売まであと10日。「Apple Watch誰もつかわねーよ!」「いやiPhoneのときもみんなそういってたじゃん」という論争される今日この頃。

色々な立ち位置から多用な意見が展開されているが、いくつか大きなことが見落とされてると思う。特にスマホのUIUX系文脈で、一目瞭然性(グランサビリティ)とかワンタップといった、Appleのガイドラインをコピペしてるだけの人が多い印象。個人的に、もう少し気になっていることについてメモ。



「iPhoneは片手で操作できる」 vs 「AppleWatchは操作に両手を使う」
まず、Apple Wach本当に手早くハンディなのかについて。

Apple Wachの利点は、1アクションで「画面を表示できる」ことであり、1アクションで「操作できる」ではない。見落とされている点は、iPhoneは片手で操作できるということ。でもApple Watchを操作する場合は必ず両手操作(片手でかざして、もう片手で操作)だ。両手が埋まる。つまりSiriでできるオペレーション以外は、AppleWachに操作はほぼiPhoneに劣る。

実際のユースケースでは、諸事情で両手が埋まっており「アゴ」や「鼻」を使って操作せざるを得ないシナリオなんかもあるのではないかなと。



「iPhoneは机の上における」 vs 「AppleWatchは手に固定される」
次に見落とされている点がこれ。モノとしての時計は手首に固定される点。レシピやタイマーって本当に手首に必要なのだろうか?

左手で魚抑えて、右手で包丁もってる状態で、ウォッチにレシピが出て幸せなのかちょっとわからない。ユーザー行動として正しいのは、レシピを表示したiPhoneやiPadをテーブルの上に置くことではないか・・・とか。

逆にApple Watchが強みを出すのは(電池問題はあるが)登山だったり、アスリートだったり、軍隊だったりと、両手が自由に使えないかつ、位置座標が移動し続けるシチュエーション。こういうユースケースで、何かを確認したいとか、音声コマンドをいれたい・・・というときにはAppleWatchは便利かもしれない。



通知のあとのリアクションってWatchだけで完結するの?
たとえばLINEの通知。スマホ出さずにワンアクションで見える!!で、そのあと返事をかくとき、AppleWatchで返事できるのだろうか?
結局瞬間で通知をみれても、そのあとにiPhone取り出して、返事をかいたらトータルでのアクション数は増加するように見える。




Android Wearもそこまで流行ってない
Androidに対するAppleの最大優位性は、その操作性と作り込みだろう。ところが、Watchは操作は本質ではない通知マシーンだ。AndroidとiOSに通知マシーンとしての優位差は、ほとんどないといってよい。本質が通知マシーンであり、そして「より素早く目立たない通知」に本質的な需要があるのなら、なんでAndroid Wearはあそこまで流行っていないのだろうか。たとえAppleとGoogleの商品品質に大きな差があろうと、「新しい通知表現」に潜在的な価値と需要があるなら、Android Wearを触った瞬間に感じ取れるはずなのだが、これをさっぱり感じない。



AppleのUIチームは、現行AppleWatchに対する答えと確信を持っていない
興味深いことにAppleの提供するApple Watch版のヒューマン・インターフェース・ガイドラインには、単に特徴や画面定義しかない。本来ガイドラインに必要な、どういったシチュエーションで、どう問題を解決するのかがゴッソリと抜け落ちている。新しい概念のデバイスならば、おそらく最も必要な情報なのに・・・である。これはとても奇妙なことだと思う。

おそらくであるが、現段階のApple Watchの使い道については、当のAppleも明確な確信を持っていないのではないか?今回のサードアプリは単なる賑やかしであり、蓋を空けてみるとApple Watchの使い方にマッチしないものがほとんどなのではないかと予想される。

個人的な観測としては、Apple WatchはSiriの完成が前提のデバイスに思える。つまり本質はSiriを瞬時に起動するための装置だ。最終ゴールとしては、「家の中のあらゆる家電を音声コマンドで制御する」あたりではないかと思う。あと米国で法律にひっかかったっぽいヘルスケアセンサー。

逆を言えば、Siriの精度や権限が高まるまでは、(少なくともSIRIが中途半端な)日本では、Apple Watchは「通知するモノ」あるいは「モニタリングするモノ」であって、「操作するモノ」ではない。LINEやFacebookのような通知が主要機能となるビッグプラットフォーマーか、あるいは家電業界にとっては先行投資する価値はあるかもしれない。それ以外は、アプリもユーザーもたぶん人柱。