Entries of 未分類

グーグルが電子出版のマージンを0%にしたらどうなる?

米国のほぼ全ての出版社が、手のひらを返してグーグルの電子出版を歓迎する方向に動いたらしい

グーグルが切ったカードとしては、おそらく以下のようなものなのかなぁと思う。

・マージン0%、あるいはそれに類するマージン額を提示した。
・ストア上での効果測定ツール他、様々な統計データを出版社に提供。
・ストアAPIなどを提供して、バックエンドだけを提供し、フロントは各出版社で独自のものも作れる。

あくまで「0%になるが確定」ではなく、「0%にするカードを必要ならば切れる」という状態だろうけど、実際そうなった場合の、シナリオってどう動くだろう。誰かがマージン0%のストアを出すという、危機管理上のケースは、国内ではあまり真面目に議論をされていないように思える。

GoogleとAppleがAmazonに対して切れる最大の強みは、「別に本売れなくてもいいし、儲からなくてもいい」という点であって、特にマージン戦争はGoogleには有利に働く。

Googleとしては電子書籍は、検索エンジンの餌、ストアへの広告、Androidの普及の踏み台にさえなればよい、と考えていると思う。そういう意味で、書籍から利益をあげるビジネスモデルのプレイヤーがどう戦うかは、非常に興味深いかなぁと。

電子書籍用のアイコン作ってみた

工業デザインのドローイングビデオ見てたら、3ヶ月ぶりぐらいにアイコン作りたくなった。
そろそろ電子書籍にも挑戦したいよなぁ、とか思いつつ電子書籍アプリで使える雛形をイラレで作ってみた。

とりあえずベストなパースを探しつつ、グリッドシステムとタイポグラフィの本に当て込んでみるテスト。
これぐらいの画像がiPadでヌルヌル動くと大分いい感じ♪

あとはテンプレをテクスチャ化して、FlashのPaperVisionでパースを制御するツールを作れば、どんな角度の書籍のアイコンも作れるようになるのだけど、そこまでする気力があるかどうかは多いに謎。

JobsのFlash搭載しない声明について雑感

先日発表されたJobsのFlash搭載しない声明
この声明そのものは、単なるプロパガンダだから特に語ることはないかと。

AppleがFlashを拒否する理由はただ一点、「FlashPlayerがアップデートで奇襲的にAdobeStoreを開設した場合、Appleの囲い込みモデルは崩壊する。」これに尽きる。これはもう何年も前に答えがでてきたことなので、今更な話題。

議論すべきは、なぜスティーブ・ジョブスが、わざわざ公式発表をしたのか? あるいはせざるを得なかったのか?ということだと思う。ジョブスの発現の一字一句にキャッキャしたり怒るのではなく、いま現在、声明を出すことがAppleの利益になるか、あるいはこの声明を出さない場合Appleの不利益なるという状況がリアルタイムに進行中であり、ジョブスが直々に動かざるを得ない大きな政治的ポイントであるということ。

それが何か?を考えるのが筋かなぁと思うわけです。 例えば、Appleの中でも賛否が割れているとか、Appleの周辺パートナーからもなんかくすぶってるとか、古くからのMacFanの今回の賛同が少ないとか、わずかながら一枚岩に亀裂が入っているのかなぁと。 まぁ、ジョブスがFlashを音楽業界と同レベルの敵とみなしている可能性も、なきにしもあらずですが。

MacWorld誌にてQuadCameraがベストトイカメラアプリに

雑誌MacWorldの3月号において、QuadCameraがベストトイカメラアプリ認定されました。
しかもTop50iPhoneアプリ特集の一番最初のアプリ扱い。ありがたいことです。

同時にTiltShift Generatorも、17more great appsという項目に。50ベストアプリに唯一の2つ同時のノミネート。


載ったよーというお知らせのメールを貰ったので、記念にそのまま特集の後ろ1ページまるまる買い取って広告だしてみました。広告効果があるのかないのか謎ですがドキドキです。

どこまで行けるかわかりませんが、できるだけ受託をしないで自社製品で勝負するというFlasherとして、なんか新しい形を体を張って実験できればと思います。そろそろ新作出せるように頑張ります。

業務連絡:トロント逝ってきます

明日より28日まで、Flash In the Can Tronto のセッション発表の為、トロントに出張してきます。

テーマは「Flash x iPhone」を軸に、FlashでDeviceと親和性の高いモバイル用のUI設計のお話をするはず、だったのですが・・・ このタイミングでのFlashブロックはファックと言わざるを得ない。俺の発表内容を返せ。

正直AppleがCS5のPackger for iPhoneをブロックするのは、最悪のケースとしては想定の範囲内でしたが、僕のプレゼンまでブロックされたのは想定の範囲外。 やるとしても5月に入ってからだと思ってたのに・・・

というわけでFlashがブロックされたことはともかく(覚悟はしてたので)、50枚近いスライドと英語の原稿を脱稿直前で、全て吹っ飛ばされたことだけは許せません。 あふれる怒りをエネルギーを動力に黙々とあたらしいスライドを作ります。

現地では他のセッションやパーティを無視して、プレゼン資料を作り直してそうな雰囲気でしたが、非常時にはメール、Twitter、Skypeでお捕まえくださいませ。

Appleの弱点と、対抗プレイヤーの取るべき戦略メモ

Appleの全ての戦略は、iTunesを起点とした囲い込みをコアとする。この囲い込み戦略については5年前の予測エントリが、現状をあらわしていると思う。

この領域にて先行者利益を得ているAppleに対し、対抗プレイヤーが純粋に端末や、囲い込み戦略のコピーで戦うことは難しい。

AdobeがAndroidOS出しちゃえ

もうAdobeがAndroidOS出しちゃえばいいんよ。
超高品質でFlash使ってUI作れるやつ。

でそれを無料で世界中の携帯会社にくばっちゃえ。

iPad買いにサンフランシスコ行ってきます

3/31から、サンフランシスコいってきます。

まぁiPadというか、普通に仕事でいってくるわけですが。。。
モチロン、4/3はサンフランシスコで迎えて買ってきます。

いまのところ確保確定は2台ですが、可能であれば6台〜を目標に仕入れてきます。
発売日のAppleストアSF前のust実況とか、帰国後のiPadをいじり倒す飲みとかはtwitter勉強会で適当に告知します!

4台以上購入できたら、iPad飲みで抽選で1名様に定価でお譲りとかできるかも。

Adobe Flash Camp

本日のAdobe Flash Campで色々喋らせていただきました。
なんかiPhoneと英語喋れる枠で、混ざってしまいました。今日の発表陣容的には、僕より勅使河原さんのほうが適任だったのではないかとちょっとドキドキしてみたり。

ラルフマリオエリックもすげーなーと。世界のFlasherはすごいなぁと。みなさん、普通は FITC とかカナダまでいかないと見れないようなFlash vipな方々だったので、同席できて感動。マイクリーのFlash CS5のプレビューもワクワクでした。

あの方々の発表みてたら、自分もiPhoneアプリ放り投げて、ビジュアライズの沼にずぶずぶ嵌っていきたくなりました。でも、今の自分じゃあまだ、ああいうもの作って食べていけるところまで達してない。orz もっと修行をせねば。

今日の発表は、後日アーカイブかされてどっか乗っかるみたいですよ。

Software Japan Awardを頂きました

情報処理学会さまから、2010年のSoftware Japan Awardを頂いてしまいました。 感謝の気持ち以上に、僕が頂いてよいのか恐縮でたまりません。

同じく受賞されたパンカクの柳澤さんと一緒に、東大の安田講堂でパネルディスカッションをさせていただきました。

受賞理由は、個人開発者として世界展開で頑張った & 情報を積極的に発信して後続の方を先導した(恐れ多い)為とのことのようです。

QuadCameraのGoodDesign賞やBestAppEverArad受賞の件と、@iphone_dev_jp を作ったり、売り上げやらプレスリリース先やら、色々なものをTwitterを通じて流していたことが、理由とのことですが、このようなものを頂いてしまったからには、もっと頑張らないとなぁと思います。