Entries of 長文

iPhoneは携帯でも音楽プレイヤーでもないし、Appleは家電屋じゃあない

Life is Beautifulの人が出した、「アップルはいったい全体、なんでiPhoneを使って直接iTune Music Storeから購入できるようにしなかったのだろうか?」という謎々が面白かったので考えて見るテスト。

iPhoneを見たとき奇妙に思ったのが、なぜ全画面タッチスクリーンなのか?ということだった。

・携帯電話にフラットタッチスクリーンをのせるなんて、アフォな工業デザイナーはいない。
・Appleは、用途の為に特化したミニマルなUIをデザインする。

携帯をデザイン使用するデザイナーならば、タッチスクリーンはまず最初に却下するアイデアだと思う。なぜならば、それはメールにしろ電話をかけるにしろ、手元で感触を感じることが必須のデバイスでは戦力外のUIだからだ。
だからこそ、「タッチスクリーンは何のためにあるのか?なぜあえて選択をしたのか?」というのが、iPhoneを見極めるポイントではないかと考えた。

で結論としては、「iPhoneは携帯でも音楽プレイヤーでもない」という考えに帰結した。

タッチスクリーンという仕組みの本質は大画面の手段でも、カッコよさでもない。むしろUIとしては不便な部類に属するデバイスである。その唯一の利点は、あらゆるタイプのインターフェースを、1つのデバイスで実現できるということだ。

逆を言えば、iPhoneにマルチタッチスクリーンが搭載されているということは、iPhoneはあらゆるタイプのUIを表示する必要があるデバイスであるということではないか。

つまり、テレビをつければ、iPhoneでチャンネルを選択し録画設定を行う、ステレオで音楽を再生する場合もiPhoneに選曲UIがといった具合に、家庭内のあらゆるデバイスにアクセスするとき、iPhoneにそのデバイスを制御するUIが表示される。だからこそ、マルチタッチスクリーンなどといったものが必要なのではないだろうかと考えた。

僕のAppleに対する認識は2年前に書いた「アップルの本質は「あちら側」ではないのか?」から、基本的に変化していない。

コンピューターやブラウザという「入り口」を押さえたマイクロソフト、ブラウザから向こう側への道に情報の「関所」を作ったグーグル。

この2社に対抗すべくAppleが選択した手段が、OSやブラウザ、インターネットを介さないあちら側への「直通バイパス」の確保ではないか?という仮説だ。iPod, iTune, airMac, Apple TV, iPhone, 全てのアップル社のプロダクトは、この文脈においてまったくブレもなく同一線上にならんでいるように思える。名前からコンピューターを取ったのもそうだろう。MacTVではなく、AppleTVという名前を選択したのも、もはやMacが中心ではないということなのだろう。

だからWiFi、GSM+EDGE、Bluetoothも通信セントラルとしてのものであり、電話も音楽プレイヤーも、iPhoneにとってはプリセットのウィジェットにすぎない。。単に家庭で最もパーソナライズされたアイテムである携帯電話が、個人個人がそれぞれ所有するUIセントラルの器として選択されたにすぎないのではないかと考える。

そしてiPhoneがクローズドなのも、iPodが競合他社の音楽ストアと連動する気がないのと同様、直通バイパスを確保する為のものなのではないか。

純粋な音楽プレイヤーではないのだからMusic Scoreにつなぐ必用はなく、電話もメールも本質ではないのだから、タッチスクリーンでも問題がない。特化した機能が欲しければ、別個に携帯なりiPodなりを買えということなのだろうと思う。携帯やTVを出すからといって、Appleは家電屋になるわけではないのだろう。

結論として「iPhoneはリモコン」だから、というのが僕なりの答えなんですがどうなんでしょうか。

地主制度2.0追記の2 ハックすべきはWebServiceではなく、Web2.0の構造そのもの

しばらく感じていた「WEB2.0超キモイ」って違和感を、2エントリ(1, 2)にわたって毒を吐いたおかげで、大分スッキリした。

とりあえず、話を進める前に今までのグチを3行でまとめるとこなる。

  • WEB2.0は金銭と同時にデータ資産が上層に吸い取られる構造がある
  • 下流でどんな勝負が展開されようと、上層はとにかく肥える
  • 最上層で行われてるのはデータマイニング等の、不特定多数の無限大の行動を燃料に駆動するイノベーションエンジンの構築合戦がある

オープンを建前にしたWEB2.0祭りの裏側で一番上のプレイヤーが、中途半端な破壊的技術ではとうてい対抗できなさそうな、暴力的な量のデータを蓄積している気配が気に喰わない、という結論。

で、ムカつくのでウェブサービスをハックして遊ぶよりも、WEB2.0の利益構造そのものをメタにハックして、プレイヤー序列をひっくり返したり、無敵安全地帯を構築する遊びのほうが面白そうだ、という落としどころで自分の中に決着を見た。
ところで、なぜこんな中途半端な時勢にエントリを出したかというと、「ウェブ進化論」と「グーグル Google 既存のビジネスを破壊する」を読む前に、自分の中の漠然としたWEB2.0観を整理しておきたかったからだ。恥ずかしながら忙しさにかまけて、両書をよむ時間をとれなかったのだが、ようやっと時間がとれそうになった。 しかし、おそらく両書を読めば、自分の意見は意識的にしろ無意識的にしろ両者に引きずられる形になる。だから、その前に、自分なりに考えたWEB2.0に対する認識をエントリという形で固定化したかった。

んで、WEB2.0のハック所を探すべく、デスノートの裏技検証並に、気合いれて色々考えてみたわけだが、。以下、真面目にいく。

地主制度2.0追記の1 WEB2.0というゲームには隠しルールがあって、それが隠蔽されたまま進行している

先日の地主制度2.0の話、一晩考えて色々追記を書こうとしたら、既に考えてたことが、かなりハテブやトラバで論じられてて書くことがあまりない感じ。

ただ、エントリがグーグル=悪みたいな文脈で認識されてるけど、それはちょっと違う感じデス。

僕はGoogleを悪だとは思っていないし、地主制度も、支配階級も、搾取構造も全然否定しない。というか組織であれ個人であれ、能力と手札とチャンスが均等でない限り、上から下に連なる不平等のレイアウトが生まれるのは、当たり前だと思っている。むしろ、能力と手札とチャンスがマチマチなのに、結果が平等な世界のほうが歪だと思う。ついでに言うならば、自分を駒として見た場合、たぶん僕は盤面が荒れば荒れるほど有利になるタイプのプレイヤーだ。だからGoogleやAmazonが既存勢力を破壊するのは大歓迎な側にいる。

で、僕が気持ち悪いと思ってるのは、WEB2.0というのが下から上に吸い上げられる強烈な搾取構造を根底に持っていながらも、「これこそ僕らが待っていたインターネットのあるべき姿!!」といった、あたかもユートピア思想的な文脈で語られている、その齟齬だ。

胴元かそこ近い場所から発表されたゲームのルールが、実際のゲーム進行とはまったく違っている感じが超キモイ。

WEB2.0って結局は”地主制度2.0″なんじゃないの?

いちおうウチのサイトは最新情勢を扱うブログのはずなんだけど、実は今までウチのサイトでは「WEB2.0」って言葉を

Lelvin LynchによるWeb2.0セッションでのFlex2プレゼンテーション。

って、というどうでもいい文脈で1回使っただけだったりする。というのも、WEB2.0がもつフロンティアとか希望とかって嘘八百なんじゃねーの??という疑念がずっと渦巻いていたからです。最近、そういう思いがますます募ってきたので、一回まとめてみるメモ。