Entries of flash

metab その3

metab_study6.jpg

やっぱ平日は会社があるから1日1個が限界やね。目玉焼き。どうやらメタボールはコアをちゃんと可視化したほうが綺麗っぽい。

APE導入して衝突判定をつけてみたら大分動きが気持ちイイ。ただ衝突イベントがないので、衝突を判定してどうやってリアクションつけるかが課題かな。

この動きで、卵細胞の分裂とか科学系のサイト作ったら面白いだろうなー。

続く。

metab その2

metab その1の続き

metab_study5.jpg

朝起きて後30分ほど追加で弄る。
メタボールを閾値の代わりに電磁フィールド的に可視化したもの。
画像は50%縮小(というか本来のオリジナルサイズ)だけど、絵としてようやっと綺麗になってきた。

学生時代に挑戦したときにはprocessingでも数秒に1回しか描画できなかったようなモノが、リアルタイムで動かせるようになると、ちょっとは成長したのかなぁって感じる。

でも技術的には克服しても、ここは前に通った道なのでもう1歩なんかできんかなぁと思いつつ、続く。

metab その1

metab_study3.jpg
今日のsketchは、なんかメタボールと化した。

・マウス押してるとなんか出る
・なんか引っ張り合う

のお題でスタート。

メタボールはprocessing時代から目をつけてて、8が出た当初から暖めてたんだけど、暖めすぎて新しさがなくなっちゃったので、そろそろ放出しようかと。もう二味ぐらいスパイスかけないとダメかなぁ。

動きはカワイイのだけど、静止画にするとショボイのでもう少し続く。

AS3とか勉強会 via Twitter 発表まとめ

しゃべったことのうろ覚えなまとめ & 加筆。
やっぱアドリブで喋るとダメだね。

スケッチ11個ソースファイル(パス、ユーザー名は募集ホワイトボードのパスと同じ)

AS3とか勉強会 via Twitter 行ってきたよ

sojapanese.jpg

Twitterで急速に盛り上がったAS3トークな人たちとの縁で勉強会行ってきたよ。
みんながswfのバイトコードとかコアな話をしてる中で、空気読まずにコードで絵を描く話とかしてきた。

というか今作ってるas3でprocessing並の速度で習作する為のライブラリ、sketchbookのプチお披露目。こういう系はココ1年ぐらいお休みしてたんだけど、ビジュアルコーディングやっぱり一番楽しいね!!原点回帰!

最近は頭デッカチだったのでしばらくはビジュアルコーディングと、普通にグリッドの勉強とかでいこうと思う。
当日に早起きして突貫で作ったので、リサイズするとエラーおきるけど気にすんなwwwwwww

もうちょっと続くAS3ウザス、例外と仕様変更に強いコーディング

まとめた割りに、もうちょっと続くAS3ウザス話。
愚痴もここまで、グチグチ書いていると、だんだん自分が無自覚だったニーズとか、問題点とかが浮かび上がってくるから不思議。

僕も野良Flasherとして自力でデザパタとあわせてASを覚えた口だから、綺麗に設計していれば広がるのはパラダイスとか考えていた時期もありました。お仕事始めてからは、丁寧に作りすぎると締め切り3日前とかに仕様が大回転するとゲームオーバーの危機がやってくるとか、そういう危機もあるんだなぁと悟りました。

結城さんのデザパタ本を見ても、オライリー系見ても、そこにあるのは美しく設計された、メンテナンスと再利用性を優先としたコーディング手法なんすよね。

まず手続き型で使えるstaticな便利クラスを作って、内部的にそこに処理委譲する方針でベースクラスを作れば
、継承や依存関係のヒエラルキーが大崩壊したり、他フレームワークを導入する羽目になっても、すぐに持ち直せるとか。

数パターンスタディが必要という場所は、アブストラクトファクトリー作っといて、クラス挿げ替えれるようにしとけば、縦横無尽にスイッチできてスタディー簡単とか。ここら辺はうれしいOOP。

Utilや、Helper、フレームワーク類は厳密に設計するけど、それらを組み合わせてコンテンツにするファサード(?)とか、メディエイター(?)みたいな部分では、再利用なんて絶対しないからダーティに書いたほうが全然いいとか。

続AS3ウザスの雑感まとめ

flashrodさんのエントリにコメント書いたら、ななしの人にコメント頂いた。

fladdict: 個人的にはそこに(*冗長な処理に)かける時間がないというのがあるんじゃないかと。
(*getURLを)navigateURLに変えてもユーザーやクライアント的にはなんの意味もないので、
その分の労力を可能なかぎりアウトプット部分につぎ込みたいという感じなんじゃないかと。

ななし: こういう仕様は Flash 自体の developer が『Flash を大規模アプリ製作環境へ移行するよ』っていうメッセージに僕には思えます。想像ですが、“単体テストに毒されているので小さい粒度でクラスを設計”という感覚に Flash の人達がついて行けてないだけだと思います。コピペで動くならそれでいいとか。
上の fladdict の人の科白にある、“ユーザーやクライアント的にはなんの意味もない” ってのはコーディングの質を気にしない、ってことで、そこは Designer なのか Artist なのかの違いがはっきり別れる所だし、自分が Artist ならそれでいいと思うけど、まぁそっちで生きて行くのは僕は無理だって思う。Processing のポジションを見ればそういう要求があるのはわかるけど、Adobe/Macromedia の描く将来像には、もっと産業化されたインタラクティヴ製作環境があるってことじゃないかな。
政治的にはここで Flash からこぼれそうな人達を、Microsoft が拾おうとしてるのが非常に興味深いですが。

Adobeの進む方向性や、インタラクティブ業界が産業化されるって状況認識には同意だけど、現状の手法がart的とか未来がないってのはまた違うと思う。あとコード品質至上主義はDesignerじゃなくてGeek的考えじゃないかと。

理論上コードの質が大事ってのはわかるけど、賞味期限が3ヶ月でほぼノーメンテで済んだりするキャンペーンや告知サイトに、どれだけの保守性やメンテ性が必要なのかと感じます。

なんか、コンサート会場設営するのにボーリングで地質調査やったり、キャンプファイヤーするのにノギスでミリ単位で木材切り出したりするのは、それはそれでなんか違う気がする。ノギスで寸法はかってる暇あったら、おいしいカレーも作って、その後花火でもやったほうが、素敵なキャンプファイヤーにならね?みたいな。

Flash使いの主戦場はアウトプットを制御するっていう、文字や数字DB操作なんかより、数レベル上のレイヤーなわけで、そこに低レベルレイヤーのAPIが充実しました!!っていわれても、いやそこ使わないし・・・みたいな話になる。多分、僕を含めAS3に?を感じたことのある人の不満感は、高レベルレイヤー提供されてないじゃん、みたいな部分が根底にあるんじゃないかと。

AS3が冗長かつ厳格だから困るんじゃなくて、ラピッドに書くという選択肢が提供されてない点に困ってるんじゃないかな? そういう意味では、今後フレームワークやノウハウが充実してくれば、克服できる問題ではあるとは思うんだけど、現状自力でやらなきゃならんから困ってる、みたいな感じ。

要はAS3がダメじゃなくて、どうやってその差を埋めようかって話

AS3ウザス

やっぱりサクサクっとAS3でデモを作るのはメンドイ!!
ので、みなさま色々模索中の模様。

[AS3] で、結局 FLASHer 的に AS3.0 って・・・
AS3 は FLASHer には使いにくい?
AS1MovieClipクラスを作ってみた

やっぱリッチなフレームワークは神コーダーにまかせて、明日のプレゼンに間に合わすぜ!的な庶民派なライブラリが欲しい。

特にウザイのは、URLLoaderみたいに使うときに複数のクラスをインポしなきゃいけない奴。
カンベンしてくれと。

URLRequestとかウザイ件については、オートコンプリートを犠牲にするならば、昔AS2でオーバーロードのフレームワークがあったので、URLRequestとURLどちらも直接入力可能とかいけるようにしてやりたい。

引数を全て(…rest)にしてしまって、あらかじめ定義しておいた型判定の自動処理で分岐するやり方。

overloadInfo = [[ [String], func1], [String, Number], func2 ]]

関数の頭でoverloadCheckみたいな関数に、引数とoverloadInfoを渡してやれば、適合する型の処理を行う関数に転送してくれるって仕組みだったはず。AS2LIBかなんかがやってた。うろ覚えだけど。

CS3英語版が購入できない件

Flash CS3の日本語版が当分でなさそうなので、英語版を入手しようと思ったら購入できない。

Buyを押すと、日本語サイトに転送されちゃう。
日本のAdobeアカウントが使えない。
USのAdobeアカウント作ったら、USのカードしか使えなくて決済できない。

2chとかTwitterとか覗いてみても、みんな購入できてない。

そんな中、「フリー体験版」がタイムリーに公開されましたよ!!
さっそくDLしてGO!!!

processingライクにくめるAS3が欲しい

さいきん、色々と習作をつくって思ったんだが、

AS3って、2時間ぐらいでインタラクティブスケッチ作るとか、超不向きじゃね?

なんで、フレームワークといわずにAS3で、サクサクDEMOが作れる仕組みが欲しい。
今後、実験やるときに絶対あったほうがいいので、そろそろ作ってみようか。