Entries of 情報デザイン

WEB2.0的なグラフィックデザイン

最近、あまり考察エントリとか書いてなかったので、久しぶりに書いてみるテスト。

ここ最近のWEB2.0に対する雑感として、Googleにしろ、Youtubeにしろ、Del.icio.usにしろ、WEB2.0的なサービスのトップランナーの大部分は、いわゆるWEB2.0的なグラフィックデザインを採用していない、というものがある。

逆に、比較的マイナで微妙なサービスほど、いかにもWEB2.0的です!的ビジュアル・アイデンティティを持っている。これは考察する価値があるんじゃないかと思うほど、面白い現象だ。

思うに、ほとんどのサービスが、WEB2.0という概念を単純明快なサービスへと昇華することに失敗しているせいなのじゃないのかな。業界的にWEB2.0というモノに対する期待が高まる反面、WEB2.0のもつよさの本質を単純明快なサービスにすることは凄く難しい。そのジレンマに対する、ある種の解決策が「WEB2.0的グラフィックデザイン」なんじゃないのかな。

つまり、WEB2.0という概念をサービスとして消化しきれていないが故に、「この外見=WEB2.0」という共通の視覚言語をつくり出す必要が生まれたのではないかと。 逆を言えば、WEB2.0的であることを外見で示すことでしか、サービスを説明できない程度に、伝わらない品も多いのかもしれない。そう考えると、やはりはてなの近藤さんの「WEB2.0はラベル」という台詞はスゴイ卓見なんだなぁと。

こういうことを書くと、Signal Vs Noiseに、この分析は当てはまらないんじゃないの??? っていう反論もあると思う。個人的には、Signal Vs Noiseはこの仮説の例外だと考えてる。 なぜならば、Signal Vs Noiseはよりコンサルタントよりの立場だからだ。彼らの立ち位置からすれば、WEB2.0という幻想が明確になればなるほどチャンスが広がる。だから、Signal Vs Noiseは率先して、WEB2.0を記号化し、単純明解化するするスタイルをとっているのだと思う多分。

ついでに思うのが、WEB2.0的なグラフィックデザインが、誰に対してサービスのWEB2.0性を説明しているのか? っていうことだけど、これは投資家に対してなのではないのかな?少なくともユーザーに対してWEB2.0性を説明する意味があるようには思えない。

というわけでWEB2.0的なグラフィックデザインというのは、WEB2.0という抽象的な概念を、投資家やメディア、広告業界の内向け、明解にプレゼンテーションを行うもので、その本質はベンチャーとかが運営資金を取得しやすくする為のツールなんじゃないのかなと、思った。

もう一つは、最近良く見ていた一連のサービス丸パクリ騒動みたいに、サービス開発者達の間で表面が重要なのはわかるけど、フェイシャルな部分を0から再開発するような手間をかけたくない、という需要があるのだと思う。で、WEB2.0的なグラフィックデザインというのは、再利用可能なモジュールとして、PEARやCPANのようなポジションにあるのかもしれない。 こっちはあまり考察しても得るものがなさそうなので省略。

そういえば近藤さんの話を読んで感じたことなんだけど、WEB2.0というラベリングの象徴がワッペン(ラベル)であったということは、何かを暗喩しているみたいで面白い。

Google Earthによるベイルート爆撃の可視化

有志によってGoogle Earthで、ベイルート空爆のビフォー・アフターが製作されつつある模様。
グーグル・アースというか(不特定多数の無名パワー)の本質を見た気がしてちょっと震えた。

ベイルート空爆オーバーレイ(KMZ) by Ogle Earth
爆撃目標オーバーレイ(KMZ)
ミサイル着弾地点(KMZ)

via: Code & form

ヤコブ・ニールセンのAlertbox -そのデザイン、間違ってます


ヤコブ・ニールセンのAlertbox -そのデザイン、間違ってます

ユーザビリティ大御所のヤコブ・ニールセン氏のエッセイ集。
ちょっと期待してた本が出た。

ユーザビリティ原論』とか書いていたころはバリバリの極右派の人だったのだけど、ノーマンとタッグを組んでからかなり柔軟な人になってきたみたい。本に載ってるエッセイは全部サイトで読めるのだけど、どれもかなり面白い。

サイトのエッセイとか見て、面白いと思ったら買いです。

グーグル・トレンド分析

keitap先生に教えてもらった、Different Types of Google Trendsというエントリーが面白い。

ベルリンのサーチエンジン・ワークショップでNadineという人の発表によると、キーワードの種類によってグーグルトレンドのグラフが異なるタイプの波を描くのだそうです。

定期的なイベント
クリスマスのような定期的なイベントは、その直前から加速的な盛り上がりを見せて、イベント日を過ぎたとたんに一気に減少。オスカー賞のようなイベントは、トレンドの収束具合がもう少し緩やかになりますが、これは発表後にさまざまな議論が行われる為のようです。

突然のニュース
突然のニュース、2004年の東南アジア大地震直後、まったく存在しなかった「Tsunami」の検索が一気に爆発する様子が伺えます。

季節のイベント
スキー」のようなシーズン事のイベントでは、ユックリとした上下の波を観察することができます。

安定した結果
カメラ」のような検索結果は、安定したトレンドを持ちますが、クリスマスや新年のようなカメラを使うと思われる季節だけトレンドが上向きます。

メジャー化
Digg」という単語は、ソーシャルニュースサイトのDiggの台頭にしたがって急速にトレンドが上昇していっています。

落ち目
一発ネタで一躍有名になった“William Hung”に関する検索は、ゆっくりとだが着実に低下していっています。

プロモーションや広告を載せるタイミングであるとか、オンラインサイトに季節の商品を掲載する時期の選定など実用的な使い方が色々考えられそうです。市場分析とかでも有用なんじゃないかと。

「もうダビンチコードは落ち目だからアフィリエイトの商品を変更しよう」みたいな使い方もかなりアリですね。

物理シミュを行うデスクトップ BumpTop

BumpTop Prototype

デスクトップを3Dにした上に、アイコンに物理シミュまで適用したスーパーペンタブレット・インターフェース。
3Dデスクトップというとゲテものを想像しがちですが、なかなかどうしてかなり実用的っぽい。

3Dでアイコンを積むというのは考えがちなのだけど、積み方や積んだアイコンの一覧性のインターフェースが物凄く工夫されています。

似たようなネタで整列系のインターフェースを考えてたんだけど、
超勉強になりました。

マルチタッチスクリーンLemurが凄すぎる件

jazzmutant社が開発したLemurというマルチタッチスクリーンが凄すぎる件について。

とりあえず、梅酒吹いたのでなにはともあれビデオ見れ。(注、ウチのFFでは落ちたのでIE推奨)。

ビデオを見る限り、YouTubeで一斉を風靡したCrazy Multi-Input Touch Screenと同じように見えるけど、大きな違いが2点。それは、こいつが市販されてるってことと、付属ソフトウェアでUIをカスタマイズできるってこと。

ついでにデータの出力プロトコルがOSC(次世代MIDIみたいの)なので、Java・・・というかprocessingmax mspで簡単に読みとれるんですぜ!? FlashOSCとか使えばおそらくFlashでも使えます。ヤバイって絶対ヤバイよコレ。

ちなみにお値段はおよそ3228万円。
もうちょっと安ければ個人輸入するんだけど・・・

via v3ga

説得力のあるメタ議論

その議論の範囲を超えて敵を作り出したり、恨みを買うリスクも高い。

自分を駒の1つとして、

神の視点 > 他の論者 > 議論の対象

×: 神の立場から読者に語りかける。
〇: 読者に神の座から俯瞰する手段を提供する。

「僕は神の視点からモノを見れるんですよ」という匂いを如何に消すか。

ようやくなんか解ったような気もするけど、気のせいかもしれないし、そもそも実践できるようにならなきゃ意味なし。

ユーザーインターフェースの例外処理

@IT: 多くのユーザーは一度に1本しかジュースを買わない

ユーザーインターフェースでは、例外処理の為に通常処理にタスクを増やしてしまうと、かえって大多数のユーザーに迷惑をかけてしまいますよ、というお話。
ソシオメディアの中の人のインターフェースのお話はいつも面白い。

WEB2.0系サービスのビジュアルデザインが全部同じ件について

「WEB2.0的サービスはなぜみな同じビジュアルデザインを採用しているのだろう」ということを、HATENA-TUBEを作ってるときにずっと考えてた。

全く同じビジュアルがこれほどまでに採用されるのは、単なる流行というだけでは説明できない。何か必然的な理由があるのではないか?という気がしてならなかったからだ。

自分的にこの現象には2つの理由が考えられるのではないかと思い至った。
仮説の一つは、画一されたビジュアルデザインは、WEB2.0がエンジニアリング主導で行われていることに起因するのではないか、ということだ。

僕は半分デザイナ、半分コーダの物凄い中途半端なポジションにいる。そんな自分の個人的な印象では、90%以上のエンジニア(プログラマ)は必要にかられないかぎりイノベーションを行わない、というかイノベーションに挑戦することを無意識的に避ける傾向があるように思える。ほとんどのエンジニアは、通常は0から新しい概念を構築するよりも、模倣の上にチューンナップやスペックアップを行い、バージョンアップさせていくことを好む。
だから、WEB2.0というイメージが確立しているスキンがあり、それが必要用件を満たしているならば、デザインをそのまま100%採用するということは十分考えられる。外見に工夫をこらすよりも行うべきことがあるからだ。
この典型的な例がFlickr→LivedoorPicksなどだと考えられる。

もう1つは、WEB2.0という概念そのものが実体を伴っていない、あるいはサービスの開発サイド、ビジネスサイドの両側がWEB2.0というものの本質に対して明確なイメージ、あるいは共通認識を持ってないのではないか?という仮説だ。

ページのHTML構造を可視化するWebsites as graphis

website as graphs

processingで作ろうとして挫折したものを完成してる人がいて感動。HTMLのタグ構造をグラフとして可視化するprocesingのapplet。 色はそのままノードの種類に対応しています。

うちのサイトは現在MTのディフォルトテンプレートだけど、各ブロックの接点が緑(div)ノードでちゃんとブロック化されてるのがわかります。オレンジと青が混ざってるブロックはエントリー、ブルーとグレーで構成されているあたりがサイドメニューかな。

物理ライブラリとかHTMLパーサとかいつのまにかprocessingも随分と進化しててビックリ。僕の手持ちのAS3の物理ライブラリが、実はここで使われてるTraer Physicsライブラリをかなりパクッて参考に作られてることは、秘密です。