Entries of iPhone

スマホUI考3 ~ ジェスチャ入力について

スマホUI考1 〜 ボタンについて
スマホUI考2 〜 フィードバックについて

スマホといえばジェスチャー入力、ジェスチャーといえばスマホ。そんなジェスチャーについて、つれづれと。
でも個人的には、ジェスチャーはほとんど要らないと思う。

スマホのUI考 〜 ボタンについて


SuperPopCamとか作ったときに、体系的な資料欲しいなぁーとか思ってたことのまとめ。

色々と自分の中の考えをまとめるためのメモ。世の中のアプリは機能を半分にして、減った予算分をUIの練り込みにつぎ込んだ方が絶対よいアプリになると思う。
書いてる作業が一番考えまとまるので、ちょぼちょぼあげていこうかと、まずはボタンから。

今週来週中に新しいカメラアプリだすよ

今週、来週中に割とガチでカメラアプリ出すので、全面戦争にならないように競合各社はリリース時期を調整できるといいなぁと。

「今の技術で、ToyCameraを作り直したら?」みたいなテーマで、スタンダードな王道モデルとしてToyCameraをrefineしてみました。
いちおう審査は通ったのですが、マイナーアップデート版をもう1回審査に通し次第リリース予定です。

多分、これを作ったらトイカメラ系のアプリはしばらくお休みして、違う系統やってみたいなぁと思います。

TiltShiftGen アップデート

ミニチュア風写真の撮れるiPhoneアプリ、TiltShift Generatorをアップデートしました。

「Facebookへ画像投稿する初回ログイン時に、キーボードがでない」という謎挙動があったのですが、こちらが修正されています。

iPhoneをアルミホイルで包むお仕事

面白い小ネタだけど、結構しらない人がいるみたいなのでメモ。

自分のiPhoneアプリを作るときに、iPhoneをアルミホイルで包む作業工程を行う。

iPhoneをアルミホイルに包むのと、包まないのでは、できあがるアプリの品質に圧倒的なクオリティの差が出るのだ。

何をデンパなお話をww と思った人はまさに正解で、本当にデンパなお話。

iPhoneをアルミホイルで包むと、電波が乱反射する為に、ネットワークの切断や障害のテストを簡単に行えるのだ。

Appleの審査規約の1つに、「通信を行うアプリがネットワークに接続できない場合、状態の通知あるいは、代替コンテンツを表示しなければならない」というものがある。

これを完璧にパスする為には、アルミホイルが大変重宝する。

地下鉄等を使うのは時間も手間もかかるし、機内モードも突然の切断は調査できない。そして電子レンジは突っ込んでしまうとなにも操作ができない。 しかし、ホイルで巻くだけならば、簡単にネットワークを乱すことができるのだ。マジオススメ。

iPhoneアプリに広告貼るより、アフィ貼る方が凄くない?

という素朴な疑問に思い立ったのですが。。。

「時代は無料アプリにAD!」とか騒がれていた時代もありましたが、僕は一貫してアプリにアドを張ることに疑問を持っています。

で、ふっと、アドネットワーク貼るより、アフィリエイト張る方が効率よくない?と思いついたので試算してみた。そして驚くべき結果。

iPhone版のグーグル翻訳がすごいステキ、というかヤバイ

グーグルが、グーグル翻訳のiPhone版がリリースされたのだけど、すごいステキ。
機能もステキなのだけどUIも美しい。あるべきものがあるべき場所にあって、これぞまさにiPhoneアプリという感じ。

このアプリは50カ国近くの文章を、双方向翻訳してくれるアプリ。いわゆるWebのグーグル翻訳のネイティブ版です。
そのうえメジャー言語については、音声読み上げをしてくれたり、ブックマークでフレーズを記憶できたり、細かいところがすごい丁寧に作られている。多分作った人は、UIガイドラインをスゴい研究しててAppleのiPhoneアプリとして自然でありながら、グーグルらしさを両立している。

旅行や打ち合わせのまえに、使いそうなフレーズを翻訳してブックマークしておけばすぐに呼び出せる。テキストを見せて使うもよし、音声読み上げを効かせるもよし。海外旅行には必須の雰囲気。

あえて難をいうなら、「いちど文章を履歴一覧から開くと、簡単には履歴一覧に戻れない。。。」というのが、ちょっとどうかと思うけど、それもすぐにバージョンアップされるはず。

とりあえず、100%全てのユーザーが入れるべきオススメアプリです

TEDビデオを字幕つきで表示できるアプリがヤバイ

TED+SUB: TED Talks with Subtitles というiPadアプリがヤバイ。

TEDのビデオに字幕をつけて再生してくれる。

ネットやってる人ならご存知TEDは、毎年開催される各界のトップ層を呼んで講演するサロンのこと。 ノーベル賞受賞者とか元大統領とかレベルの人がばんばんでてくる。 2006年からネット経由で一般公開されるようになったのだけど、出席するには毎年70万円ぐらいの会員費がかかる超セレブサロン。

それが無料で、字幕つきで見れちゃう、インターネットスゴい!ヤバイ!と。
これがあれば、新書もNHKも要らないってレベルのスゴさです。設定メニューから字幕を日本語にすれば、もち日本語で見れるので、英語分からない人も超チェックです。無料。

マイノリティリポート的ジェスチャー入力

フロントカメラで、ジェスチャー認識をしてるっぽいがスゴい。ヤバイ
開発はellipticlabs

instagramに投稿した写真は規約上、大分権利放棄になるっぽい。

via iPhoneography

日本でも大流行のInstagramですが、利用規約の一文にさりげない爆弾文言があることが発覚。iPhoneographyの記事をベースにすごい大まかに規約を訳すと、

「インスタグラムに投稿された写真は、誰もが自由に使ってよいということに同意したものとみなすよ。印刷やメディア利用も自由だよ。インスタグラムもユーザーの誰でも、インスタグラムにある写真自由に改変したりコピーしたり外部に再配布するかもしれないよ。」

By displaying or publishing (“posting”) any Content on or through the Instagram Services, you hereby grant to Instagram and other users a non-exclusive, fully paid and royalty-free, worldwide, limited license to use, modify, delete from, add to, publicly perform, publicly display, reproduce and translate such Content, including without limitation distributing part or all of the Site in any media formats through any media channels 〜<中略>〜 Instagram and/or other Users may copy, print or display publicly available Content outside of the Instagram Services, including without limitation, via the Site or third party websites or applications (for example, services allowing Users to order prints of Content or t-shirts and similar items containing Content).

おそらくはinstagram上のソーシャル機能の為に作った条文ですが、ゆるすぎてどうみてもinstagram写真集とか誰かが買ってに作って売っても問題なさそうという感じになちゃってます。海外では微妙に燃えはじめてますが、どうなるんでしょう。

まぁiPhoneographyが指摘するとうり、低解像度なので印刷は現実的ではないですが。 ちなみに僕は気にしません。