Entries

回転寿司イクスペリエンス

YouTube: The Kaiten-Sushi Experience

回転寿司屋さんを淡々と撮影したもの・・・なんですが、超神映像。
視野視座視点というか主体と客体をコペルニクス的に転換させた一品。

かなり秀逸な最高の現代アート。とにかく見れ。

小学生とAV女優他の混成ユニット、超メイドさ

超メイドさんS(スーパー)

小学生と中学生と声優とAV女優とキグルミのユニット・・・・・・・・・

なんつーか、日本の行く末が本気で心配になるプロジェクト。
ロンドン在学中に、ヴェネツィア・ビエンナーレで日本パビリオンが「萌え」展示とかやらかしたときから、不安だったのですがもう駄目だこりゃ。

俺が親だったら、企画もってきた奴に投げっぱなしジャーマンか、パロスペシャルかけるよ!?

本宮ひろし先生に、ぜひとも打ち切りになった『国が燃える』にかわって、現代社会を憂う『国が萌える』を書いてもらいたい気分です。

ノードの可視化手法、ピボットグラフ

pivotgraph
IBMの研究室が考えた、新しいノード可視化の手法の論文(PDF)。

ノードを碁盤上のグリッドに配置して、関係性を矢印で表現する手法。

ノードで関係性をあらわす場合、学校繋がりでは友人つながり、性別では男つながり、年齢では70年代つながりといったように、多次元的な属性の関係を可視化しようとすると、どうしてもノード間の距離に矛盾がでてしまう。だったら、もう距離とか無視してグリッドで配置しちゃえばおkという画期的なアプローチ。

その発想はなかったわ。

vid: information aesthetics

サーバーが復帰して、やっとブログが再開デキルタヨ。

天気予報付き傘

000028.jpg

その日の天気予報にあわせて、柄の色が変わる傘のコンセプトモデル『Forecast』。
とってもポエティック。

WIFIで天気予報を受信して動くらしいです。

文脈的には温度で色が変わるコップあたりから続く、非視覚情報の可視化の流れに、深澤直人系のアプローチと、MITのタンジブルビット系の研究がキレイにミックスされた感じ。いつか誰かが出すだろう系なんだけど、スマートにまとめつつも、物欲もそそる感じがバリ素敵。

すっごい商品化希望ですが、これ盗まれたら泣くなぁ・・・

via: inhabitat.com/

森 博嗣の『Vシリーズ』がかなり面白い

最近本を読んでないなぁ、と思ったので2日ほどインターネットを遮断して、20冊ちかく買い込んで引きこもってみた。唐突にミステリとかを読みたくなったので、未挑戦だった森 博嗣をマトメ買い。しかもサブ(?)シリーズの『V系』から手を出してみる。

京極夏彦みたいな全てが舞台装置、構成要素っていう精密機械な感じではなくて、日常と事件がまろやかにブレンドされている感覚がオモロイ。1日に3冊はいける。

しこさん、連ちゃん、紅子さんのヒロイン(?)トリオの掛け合いが、とっても軽快でなんかズッコケ3人組を見てるよう。

続きを読む

ドロップシッピング

GIGAZINE:アフィリエイトの次、ドロップシッピングとは?

これだ!!
自分のなかで、胡散臭いWEB2.0の世界で、今一番面白そうなコンセプト。

中途半端なサイズの会社がやってもつまらなそうだけど、AmazonやYahooオークション、Ebay規模で動きだすと凄い面白い世の中になりそう。作った品がBoingBoingで取り上げられて、一躍若手トップブランド、みたいなケースが今後ふえていくんじゃないかと。商品売り上げ、トラフィック、グーグルランクもどきみたいの駆使して、いい商品がつねに発掘される機構を作り上げたら凄いおもしろいことになりそう。

まだ空白地帯みたいだから、どっかがしっかり駆動するものを作ると独占できそうな予感。ここは一発新生ライブドアあたりにやってもらいたいけど、あそこがやると安かろう悪かろうになりそうな気もなきにしもあらず・・・ はてな、がやると集まる品があまりオシャレじゃなさそう。

ここはやっぱぺパボかなぁ。というかぺパボはロリポ、ムームー、カラーミーショップ、グループチューブとなんかインフラ全部そろってるし、ヘテムルでデザイナー人材の確保までできてそうだからなぁ。かつてのフォントやジャケットデザインブーム級の大流行でやってくれないかなぁ。

よいメタと悪いメタ

なんか、最近のハテブ界隈を見てると、メタ・エントリ系がいよいよ活発になってきているけど、最近あまり良質のメタエントリが少ない印象。今後の自分がエントリを書く参考に、よいメタと悪いメタの特徴をまとめてみた。

続きを読む

MURASAMA

最近、flashで実験アップしてないなぁと反省を込めて、週末ちょっとプチ実験

オフィスでみんながXBOX360のNinety Nine Ninghtsをプレイしてるのを見てたら、ゲーム自身よりも主人公の半裸のネーチャンがブンブン振り回す刀の軌跡がステキだったんですが、それ見て、こういう面による軌跡ってFlashでやってる人あんまやってる人いないなぁと思って、とりあえずやってみた。

我ながら、processingに手を出してから、いい意味でも悪い意味でも、flashっぽくない芸風になってきてる気がする。まぁ、人とカブらないってのはよいことだと思うけど。

とりあえず「斬撃」のようなものを可視化する場合、単純に剣の軌道を書くよりも、速度や遠心力を加味して軌跡を強調するほうがいいっぽいみたい。ちなみにMURASAMAの元ネタがわかった人は、相当のWIZフリーク。

Soda2.0

Soda2.0(mock up)
あのsoda playが、なんかWEB2.0版に進化するらしいです。
ベータ版サイトがオープン。

なんかユーザーが製作ツールをカスタマイズしたり、クリーチャーデータをシェアしたりできるみたい。
作成したクリーチャーをXMLデータで取り扱うみたいなので、Sodaで作ったキャラをFlash等にインポートして遊ぶようなこともできるようになるかも。

wikipediaの全文をrdfで配信するプロジェクト

RSS全文配信すべきか否かが議論が白熱する傍らで、地球の裏ではwikipediaをrdfで全文配信する無謀なプロジェクトwikipedia3が・・・

なんと4700万ページ、容量397MB(解凍後3.7GB)のおそらく史上最大のRDF。

Flashとかprocessingで、情報をビジュアライズするのが大好きな人には宝の山じゃないかと。こういうのが有れば、ValanceとかAnemoneみたいなプロジェクトがやりやすそうですね。

あとはWEB2.0の構造ハックじゃありませんが、こういう無料データのマイニングからWEB2.0の上層プレイヤーに飛び入りって経路もアリかもしれません。

みんなでDLすると提供先が死ぬと思うので、確認とってからwinnyにつっこんであげるのが、P2Pの正しい使い道だと思います。

via:toxi.in.process Quality data for visualizationists

<補足>
WEB2.0キモスの続きですが、超長文は平日だときついので後日、スマソ。