Entries

Facebookの人が書いたSNS分析本、Groupedが面白い。

Grouped(邦題:ウェブはグループで進化する)という本が、なかなか面白かい。

著者は、マーケティング論の定説となっている「インフルエンサーによるバズ」は幻想にすぎないと切り捨てる。ソーシャルWEBは5〜10人の小規模グループが、いくつも重なることで形成されており、インフルエンサーの影響は思われているよりもずっと小さいと言う。実際にはソーシャルグループを繋げるのは無数の数多くの人々であり、如何に彼らの感情を喚起していくのかが重要なのだという。

ちなみに著者のポールアダムスは、サイクロン掃除機のダイソンでプロダクトデザインとUXをやった後、GooleでGoole+に参加し、現在はFacebookにいるというなかなか凄い経歴の人。本書はそんな著者が、ソーシャルウェブとは何か?というテーマについて書いた本だ。しかも執筆をGoogleからストップかけられ、Facebook移籍後に出版してた、いわくつきの本。

この本は「論文や研究を読む暇のないビジネスパーソンが、すぐにも行動できる知識を得る本」と位置づけられている。文章も平易でたった2時間ほどの時間でソーシャルにおけるユーザー行動を取り巻く現状が把握できるよう、関連分野の研究が数多くまとめあげて紹介され誰でも読み進むことができる。スタートアップに関わる人、広告キャンペーンに関わる人、あるいは普通のユーザーも、ソーシャルWEBとは何かを理解したい人には誰でも勧められる一冊。

正直、装丁は原著の装丁のほうがよかった!。せめて帯でもっとFacebookの人であることをフィーチャーしたり、本の内容を紹介すればいいのに・・・もったいない。

この本はもともとKindleで英語版を読んでいた。
Twitterで「この本は日経BPとかからでないかな」って呟いていたら、本当に日経BPが翻訳してたらしく一冊献本をいただきました。
ありがとうございます。

アイコンを合字Webフォントとして扱うSymbolSetが革新的にステキ

Symbolset teaser from Symbolset on Vimeo.



正直この発想はなかった!

symbolsetは、アイコンに特化したウェブフォント。

このフォントが面白いところは、アイコンを「合字」として割り当てていること。 まずはサイト上部の大きなテキスト部分がエディターになっているので、そこにheartやtweetなどとタイプしてみてほしい。ビックリするはず。

「合字」というのは、特定の文字ペアに特殊文字を割り振れる欧文書体のルール。日本ではなじみのない作法だけど、海外ではftやffなど、スペースが空いてしまう文字を特殊な文字で代替することがある。

SymbolSetはこれ利用して、フォントをアイコンとして活用できる仕組みを発明した。

たとえば、♥のアイコンを「heart」という合字に割り振っている。つまり文章内にheartという文字があれば自動的にハートが、「Twitter」という文字があれば自動的に鳥のマークが表示される。しかもデータ上はただの文字列なのでとてもセマンティック。

SymbolSetの利点

  • ベクターデータなので軽く、スケーラブル。
  • 画像ではなく文字なので、Googleやスクリーンリーダー・フレンドリー。
  • ULタグやLIタグ内にタイトルを列挙するだけで、アイコンメニューが作れる。



Symbolsetを導入すれば、面倒くさいアイコンは細々作ったり整理しなくても、まとめて使えるようになる。
現在はプレオーダーだけれども、これは試してみる価値がありそう!

スマホのWeb開発に、Adobe Shadowが神ツールな件

スゴイ。ヤバい。
Adobe Shadowは、Adobeのラボがリリースした、スマホコンテンツの開発支援ツール。

何ができるかというと、PCのブラウザで表示したURLのコンテンツを、iPhoneやiPadで同時に表示してくれる。


PCでサイトをリロードするだけで、iPhoneやiPadでも自動でブラウザがリロードされて、表示を検証できる!!

iPhoneやiPadはURLの入力が面倒だし、PCで作業する度にデバイスを移動するのが大変だった。
Adobe Shadowを使うと、PCでリロードするだけで、全環境で表示の確認がすぐできる。これは作業がはかどる。

使い方

  • Mac / PC に Adobe Shadowをインストール
  • ブラウザ(Chrome)にAdobe Shadowの拡張をインストール
  • iPhone, iPad, android, kindleに Adobe Shadowアプリをインストール
  • アプリに表示された接続パスコードを、Chromeにプラグインに入力する
  • Chromeで表示したページが、全ての端末に表示される!!

月額課金の恐怖!!!

色々と出費をチェックしていたら恐ろしい事実が発覚。
知らないうちにスゴイ出費になってる!!!恐ろしい!!! みんなもチェックしてみよう。

ニコニコ動画
500 * 12 = 6,000

国境なき医師団への寄付
3,000 * 12 = 36,000

iPhone 2台
6,000 * 12 * 2 = 144,000

iPad
5,000 * 12 = 60,000

hetemlサーバー
1500 * 12 = 18,000

イー・モバイル
3,000 * 12 = 36,000

三菱東京UFJ BizStation
2,100 * 12 = 25,200

Canonフォトサークル
8,000

コナミスポーツクラブ
8,300 * 12 = 99,600

ドロップボックス
$99

Evernote
$45

Groove Shark
$2 * 12 = $24

ドメイン
色々で5000円ぐらい

ジャンプ・マガジン・サンデー・ヤンジャン
250 * 4 * 12 * 4 = 約48,000

ナショナル・ジオグラフィック
$20

ブックスキャン
10,000 * 12 = 120,000



などなど…
ざっとリストアップして、電気、水道、共益費を抜いてもこの価格… 年56万円かよ…

こんだけあれば、毎年キャノンの高級機1台買えるし、アフリカとかマチュピチュいけるし…
恐ろしい。

「19さいCEO10億ドルカンパニーをつくる。」の日本語訳、Gumroadで発売

Gumroadの創業者Sahilのエッセイ「19さいCEO10億ドルカンパニーをつくる。」の日本語訳がGumroadで販売開始。
何故か出版社のイーストプレスが翻訳してる。さっきメールもらって知りました。

無料の前書きと、チャプター1(150円)を読んだ限りだと面白いです。分量短いけど。

TurntableやPintarestにかかわった、Sahilがどうして
あぁ、アメリカのスタートアップってこう作るんだぁ、とかこう出資をゲットするんだぁとかが生々しくておもろい。

ただ個人的には時間おいて分冊は絶対に続き買うの忘れる… と思ったので続きは英語版を買ってしもうた。英語が苦手な人はwktkして第二章を末といいです。

無料の前文 via facebook

ぼくがGumroadを立ち上げたのは、ぼくの個人的な問題を解決するために必要だったからです。しかしGumroadはきっと、あらゆるコンテンツの作り手にとっても役立つと信じています。

これまでは、自分のコンテンツでお金をもうけるというのは、とても大変なことでした。それを簡単にするのが、ぼくたちにとって最も重要で、ただ一つの目標でした。

もしぼくたちが作った仕組みによって、すべての素晴らしい作品から手軽で簡単にお金を生み出せるようになれば、クリエイターたちはさらに優れたコンテンツを作ることに、集中できるようになるでしょう。



このプロジェクトがうまくいけば、Gumroadによって世界は変わるはずです。そう信じてぼくは、これまでの道のりを文章にまとめました。これはミッション自体の役にも立つでしょうし、また、なにかを売るという営みがどれだけややこしいものか明らかにするでしょう。

Gumroadの歴史を知ろうとしてくれるみなさんに、感謝します。

Gumroad CEO・設立者のサヒルより。

コンテンツ販売のGumroadが色々パワーアップ。商品リスト他がついたみたい

一押ししてたコンテンツ販売サービスGumroad、中の人に「日本の人はこんなん欲しがってるみたいよ」って色々とskypeで教えたら、一気に対応してくれた模様。

なんか、色々パワーアップしたぜー!!って報告がきた。Twitterで色々な人が指摘していたものがコツコツと実装され、こんなところが改良されたもよう。

  • ダウンロードリンクがセキュアに
  • 販売者のTwitter・Facebookアカウントが見れるように(もうちょっと改造されるみたい)
  • 販売者の他の商品リスト
  • 個数限定販売
  • クレジットカード番号の記憶(今月中につけるらしい)
  • 海賊対策(とりいそぎリポートボタンつけた)

商品リストのページは、「設定」画面でユーザー名を設定する必要あり。以後、 gumroad.com/u/ユーザー名 で一覧リンクが出来る模様。

仕事でtwitter使う人には、Bufferというサービスは必須かもしれない

百式の田口さんに教えていただいた、Bufferというサービスがとても便利。最近ヘビーユースです。

Bufferは呟きをTwitterやFacebookに、時間を分散して投稿してくれるサービス。朝おきて、気になった記事をブックマークレットで適当に登録しておけば、いい感じにばらけてTweetをしてくれるのです。僕はミーティング参加中なのに、2chブログを勝手につぶやいてくれたりとか。

iPhoneアプリもあるし、Chrome拡張もあって、拡張をいれるとTwitter本家のページにもBufferボタンがついたりとか細かいところも便利。特にクローム版のインストールをお勧めします。

お仕事でTwitter使う人は、Bufferに色々つっこんどけば寝てても、他の仕事しててもいい感じに運営されるのでとっても便利かもしれません。
締め切りなのに僕が呑気に呟いていたら、全部バッファーのせいです、僕が遊んでるわけじゃなかとです。

iPadでお絵描きアプリを作ろうと思う その4

プロジェクト開始から、およそ一週間。
開発は順調にすすんでいて、そろそろアルファ版を出そうかなぁというところ。

現在の最大の問題点は、開発開始と同時に「Paper」というアプリがリリースされたことでしょうか。あるいみ最悪の展開です。MicroSoft次世代タブレット開発チームの残党と1人で闘うとか超燃える展開。

そのPaperの中の人に、「くそぅ、俺がお絵描きアプリ作ろうとした瞬間に、こんなにいいの出しやがって!!」とか言ったら、「俺らのアプリ使って、お絵描きアプリのアイデアスケッチしよーぜw」って返された。くやすぃ。

そんなわけで今日もガリガリコード書くよ。

ARCのプロジェクトで、非Arcの静的ライブラリを使うメモ

iOS5以降のAutomatic Reference Count環境で、オープンソースの非ARC対応ライブラリとかを使うメモ。
毎回忘れて、調べ直すので。

基本的に、非ARCのライブラリをまとめて静的ライブラリとしてビルドし、それをARCプロジェクトで読み込めばARCのありなしで共存できる。

  • XCodeのProjectに、CocoaTouchStaticLibraryとして新しいTargetを追加する。
  • 新しいTargetに非ARCのクラスを放り込む。
  • 新しいTargetのBuild Settingで、Oabjective-C Automatic Reference Count をNOにする。
  • メインターゲットのBuild PhaseのTarget Dipendancyに、新しいライブラリ用のTargetを突っ込む。
  • メインターゲットのBuild Phaseの、Link Binary with Librariesに、新しく作ったライブラリを追加する。

以上。

まったく未知の読書体験をしてみよう

最近になって気がついた読書方法。いちどやると世界が変わる。

  • 耳栓をする。
  • 新しいiPadに小説のPDFを入れる。
  • 部屋を真っ暗にする。
  • PDFの表示を白黒反転する(そういう機能のあるPDFアプリを使うか。iPhoneの弱視モードでもできる)。

真っ暗な空間の中に超高精細な白い文字だけが浮かんでいる、そんな未知の読書体験がはじまるよ!。
なにこれ、ものすごい没入感!!

<追記>
弱視モードのやり方。iPadの「設定アプリ」を開く、一般→アクセシビリティ(下のほう)→「黒字に白」