Entries

iPadでお絵描きアプリを作ろうと思う その3

ぼちぼち、と技術的なプロトタイピングと、UI的な部分を平行で実験しはじめる。で、週末にバババーっとコードを書いた。

使用的にはおおまかにテスト出来るところまで。まぁ実働32時間程度ならこんなもんかなぁ。

やったもの

  • 新規作成、アルバム読み込み、カメラ読み込み
  • 描画機能
  • 保存
  • ペンの太さ設定
  • 色選択
  • ズーム
  • メール、Twitter投稿

まだ実装してないもの

  • ペンのストローク補正
  • 透明度
  • 印刷
  • アンドゥ・リドゥ
  • 描いた絵の管理
  • 指先ツール
  • レイヤー



これをベースに、しばらく弄り倒しつつ、使いやすいインターフェースとは何ぞ?ということを考えて、もうちょっと作り込みたいと思います。

iPadでお絵描きアプリを作ろうと思う その2

Twitterで皆さんからヒアリングを行い、お勧めのアプリを色々と教えてもらった。とりあえずひたすらにダウンロード、ダウンロード、そしてダウンロード。使い倒す。

敵を知り己を知れば百戦危うからずであり、車輪の最発明は避ける方向で、先人の知恵に学ぶのです。

以下、各アプリの雑感メモ。みんな言いアプリなんだけど、どれも自分が欲しいのとは方向がちょっと違う感じ。

Adobe Ideas

Adobeのアイデアスケッチツール。やりたいことは非常に近い。よく出来てるのだけど、いつものAdobe製品らしくプラットフォームのインターフェース・ガイドラインをガン無視しまくってる。ベクターデータをレンダリングする形式。そして実装がFlashじゃないか疑惑。

Penulitimate

仮想敵国。軽くてシンプルでよくできてる。軽快な動きと、没入感、美しさがバランスとれてる感じがステキ。ただ自分が欲しいアプリは、もうちょっとミニマルなものなので。

Bamboo Paper

Wacomのノベルティ・アプリ。非常によくてきてて、「これがあれば、俺がアプリ作る必要ないかも」とちょっと思ってしまった。ただ全体的に「Penultimateを作ってくれ!」という指令で作られたっぽいオーラがある。作者の人がもっと自由に作ったら、更にステキになったのかもと思った。これもやりたいことに近い感じ。Retina未対応。

MUJI Notebook

Takramさんがインターフェース作った無印良品のアプリ。 高性能で作り込まれててスゴイです。僕も無印良品案件はかかわってたので、UIがカブらないように注意しなきゃいけない。自分の欲しいものはもっと軽量級アプリだけど、学べるところは物凄い一杯ありまくりんぐ。

Zen Brush

書道アプリだけど、やりたいことの方向性はかなり近い。物凄いミニマルだけどよくできてる。このアプリは落書き用だけど、これを発展させてスケッチやメモも用途にも使えるようなものが欲しいのです。

彩えんぴつ

キャンバスが回転できるのと、指先ツールがあるのが特徴。 iPad3の高解像度の犠牲者。

Procreate

これもやりたいことに近い感じ。とてもミニマルなスケッチアプリ。ただちょっとUIのタップ回数が冗長かも。これを参考に自分のは研ぎ澄ませたたい。

SketchTime

シンプルでいい感じ。色選択が冗長だけど、ペン先選択のUIはいい感じ。加算合成や乗算合成をサポートしてるのが羨ましい。また手と肘が誤タッチをしないように保護パッドをしくという謎の機能がある。

Brushes

定番お絵書きアプリ。全部のせの高機能で完成度も高いアプリですが、僕にはちょっとコッテリすぎる感じ。もっとアッサリした小回りのきくアプリが欲しいのです。レイヤーのブレンドモードが処理できてるとか、GL使ってるんですかね。CoreGraphicsで速度たりるのかな?

ArtRange

eFrontierのお絵書きアプリ。ツールセットの充実性と作り込みが気合い入りすぎです。PC版のノウハウとかライブラリを流用してるのかな。新しいiPadのRetinaに神速で対応しつつも、ちょっともっさりしすぎてる。すごいけど全体的にやりすぎな気も。学べるところは大量にある。

SketchBook Pro

いわずとしれたAutodesukの定番アプリ。ツール設定と絵を描くまでの間の時間が冗長すぎる。機能的にはステキなほどに高機能でよくできてる。個人的には全然趣味じゃない。これも新しいiPadのRetinaディスプレイの犠牲者。

ibisPaint X

ソーシャルと融合してるのはステキ。UIは全体的に僕とは設計思想が違う。結構クセがある系。

とりあえず、今日ひととおり触ったのは、こんな感じ。もうちょっと研究したら、スケッチ&設計に入るよ。

他にも「こいつを研究しとけ!!」というお勧めのアプリがあったら是非教えてください。

iPadでお絵描きアプリを作ろうと思う その1

新しいiPadを買って思った。お絵描きアプリを作りたい!

というのも、自分が使いたいと思うようなお絵描きアプリがないのです。

どれもこれも高機能すぎる。だったら自分で作ってしまおうかと。

いま、ボヤッと思ってるイメージは↓のような感じ。

  • さっと起動して、パッと描ける。とにかくサクサクで神速。
  • アホみたいに操作ステップも遷移も少ない。
  • 用途は落書きとアイデアスケッチ。
  • 複雑な機能やゴツイ機能はいらない。シンプル・イズ・ベスト。
  • TwitterとかメールとかFacebookには気軽にポストできる。
  • レイヤーとか色補正とかアンドゥとかは甘え。もっと硬派に。
  • 昔作ったJSPaintという、JSのお絵書きアプリをベースにする。

とりあえずは事例研究として、先行アプリを調べてみようとかと。

というわけで、iPad / iPhone のお勧めのお絵描きアプリを教えてください。一通り全部を購入して使ってみます。

ブログのタイトルにシリーズ番号をつける程度には本気です。

オトナのシェアスペースを建立したい

シェアオフィスやギークオフィス的な要領で、オトナのシェアな秘密基地が欲しい。

月額1〜2万円で、8〜10人をメンバーにして、渋谷のマンションの一室とかを借りるの。で、ゲームとか漫画とかDVDとか楽器とかを置いて、週末や仕事帰りに自由に遊べる。そういうのって需要あるのかなぁ。とりあえず需要あるのか知りたい。

っていうか、社会人は労働や家族の為の時間が多いので、趣味の為の空間は割りとデッドスペースだよね。だったらみんなでシェアして、20-30平米の空間を都心につくったほうがよくない?的な。

そういう人が多ければ、キャンプファイヤーとかで実際に作ってみたいなぁ。とりあえず、はてぶ数やらRT数やら、コメント数で需要を測ってみるテスト。

iOS

テレスコープっていうテクノポップバンドのiOSって曲を、iPhone開発者の間で流行させたい。 続きを読む

iTunesの必須カメラアプリに3本ピックアップされました

iTunes公式の必須カメラ・写真アプリに、TiltShiftGen, QuadCam, SuperALbumの3つが同時に選ばれました!!!!
FlickrやInstagramと並んで、個人で作ったアプリが3つも選んでいただけるというのにビックリ。アプリ作っててよかったなぁとか思いました。
みなさま、ありがとうございます。


撮影アプリとして、連射カメラのQuadCamera。


編集アプリとして、ミニチュア風写真のTiltShiftGen。


共有アプリとして、万能Web写真サービスビューワのSuperAlbum。
続きを読む

ライブ編集可能なScaladoというカメラがキモイ件

Scaladoというカメラアプリがキモイ。まずはビデオを見て欲しい、説明はいらないと思う。


撮った人の顔のアングルを後から変更する。


通行人を消す機能

原理的には、写真を撮った瞬間に過去X秒のデータを保持してるっぽい。ユーザーの操作にあわせて、過去の映像から同じ位置の画像を抜き出してきて合成しているようだ。

SuperAlbum 1.1リリース。 Evernoteに対応。

iPhoneの万能アルバムアプリSuperAlbumのver1.1をリリースしました。
今回のアップデートで、Evernote上の写真も閲覧できるようになりました。11個目の対応サービスです。

また今回のヴァージョンから、個別写真の画像編集ができるようになりました。
クロップや回転、リサイズ、エフェクトなど、なんでおもござれです。Aviaryのエディタを内部で採用しています。

次はいよいよ、Youtubeに対応みたいですよ!!

iPhoneアプリ、Clearの独自実装コードがGumroadで販売される



+Beansさんが、ClearのUIの独自実装をガムロードで$5で販売

Clearの中の人的には、ビックリだろうけど興味深い。
Gumroadに対するAmeroadのように、もはやイノベーションの伝播速度は極限。テクノロジーの落とし込みなら、3日あれば十分という恐ろしい時代になってきた今日この頃。

「iPhoneのページめくりは儂が育てたが、Appleに持ってかれた!」といっていたClearの中の人も、Flashの人からすると「そもそもページめくりは俺らが育てた!」とツッコミを入れたい人が満載の予感。イノベーションの技術伝播は不思議な感じです。

とりあえず買ってみたので、実際に弄くりながらもうちょっと追記する。

ミニチュア風コマ撮り動画まとめ

自分の作ってるiPhoneミニチュア撮影アプリ、TiltShiftGenの資料メモ。プリプロセス系もポストプロセス系も

リリースしたばかりのWindowsPhone版も、日本の写真部門で1位を頂きました。応援してくださったみなさま本当に多謝です。

TiltShiftGenは動画はムリだけど将来用に撮り貯めた資料。 続きを読む