Entries

一眼レフでとったミニチュア風写真をFlickrにあげてみた

最近撮り貯めたものをflickrにあげてみた
写真撮る楽しい。

iPhoneでオシャレなミニチュア風写真を撮る方法

ミニチュア(ジオラマ)風写真を簡単に撮れるようになるチュートリアル。
わりと質問が多いので作ってみた。


必要なもの
アプリはTiltShift Generator (85円) を使います。
また補助ツールにinstagram等のフィルター系アプリを1つ用意します。




ロケーション
ミニチュア風写真では「どこから撮るか」がとても大事です。まずは高い所に行きます。

初心者へのお勧めは、歩道橋や高層レストラン街。

高さの目安は、撮りたいものによって決まります。

・2〜5階: 人
・5〜10階: 家や工事現場など
・10〜20階: 野球場等の大きめの施設
・20〜40階: 町並み
・40階〜: ビル群や東京タワー、巨大ランドマーク

下記は「5階以上で気軽にミニチュア写真を撮れる自作マップ」。大きく表示


より大きな地図で ミニチュア写真ロケハン を表示


渋谷Qfront2階、スターバッックス。


渋谷駅ターミナル。3〜4階。


ビル名不詳。愛宕。7階ほど。


白川郷、山の上。推定15階程度。


ハワイのホテル。24階。


恵比寿ガーデンプレイス。38〜40階。


たぶん東京タワーかヒルズ。



被写体のアングル
カメラアングルは、「人間が模型を見る角度」=「見おろし」を意識して撮ります。

さらに理想は、建築物や道路などが斜めにラインを作る用な構図です。

また「一番見せたいもの」が下から1/3に来るようにしましょう。


ぼかし
ミニチュア風で最重要となるボケは、アプリのBlurのタブから編集できます。

使うボケは直線ボカシを選びます。



画面をタッチして、位置をボケの位置を調節し下から1/3周辺だけがクッキリするようにしましょう。

2本指タッチでボカシのサイズや位置を、スライダーでボカシの強さを変えます。



いちばん見せたいものをハッキリさせて、残りがボケるようにします。






次に色の編集をColorのタブから行います

色の「鮮やかさ」、「明るさ」、「明暗の強さ」が調整できますが、



基本に「鮮やかな」で「明るめ」で「強い明暗」を意識しましょう。

操作は順に・・・

1:Saturationで色を鮮やかにする
2:Brightnessで色を明るくする
3:Contrastで色を強くする
4:SaturationとBrightnessを微調整する
5:Contrastを微調整する

・・・という感じで、「スライダーを上から下に2周」するとイイ感じに調整できます。





Vignettingのタブで、写真の四隅にシャドーをつけられます。

これはもうお好みで。

周辺を暗くすると主役が引き立ちます。

背景がゴチャゴチャしていて主役が目立たないときにオススメです。


さらにInstagram
より高度な表現としては、インスタグラムと連携にも挑戦してみましょう。

画像加工アプリのインスタグラムとTiltShiftGenの相性は抜群です。

TiltShiftGenでミニチュア化した写真にインスタグラムのエフェクトをつけると、よりラブリーな感じになります。

インスタグラムにもボケ機能はありますが、TiltShiftGenのほうが高性能です。なので両者の強みを組み合わせるユーザーも多くいます。

またインスタグラムは正方形に画面を切り取ります。本来iPhoneのカメラは本来ミニチュア写真には広角すぎだったりします。なので写真の真ん中を切り取ってやるとよりミニチュアっぽく見えるわけです。


TiltShiftGen単体で撮った写真。


上記写真をInstagramで取り込んで、両端をカットし、色を暖かくしたもの。



さらに一眼レフ

注)こっから先はマニアモードです。

ミニチュア風写真が好きになったら、是非とも一眼レフにも挑戦してみましょう。

TiltShift Generatorは、もともとチルトシフト・レンズという一眼レンズをモデルに作られました。



アプリ開発に、以下の3台のレンズを資料に買ってたり。結構もとでがかかってますw

Canon TS-E 17mm: 295,000円
Canon TS-E 45mm: 75,000円
Canon TS-E 90mm: 185,000円

ミニチュア風の写真撮影では特に、90mmと45mmがお勧めです。

電子書籍には、こういう課金決済つきのPDFシステムが必要だと思うの

なんか混迷する電子書籍ですが、単純に課金決済付きのPDFが欲しかったりします。
わりとそれで大半の問題解決したりしない?

続きを読む

1480円で海外ドラマ見放題のhulu.jpが素敵すぎる件

海外の映像配信サイトhuluがついに日本上陸!
色々なものの、終わりの始まりを見た気がする。

続きを読む

ある日曜日に突然かかってきた、スティーブ・ジョブズからの電話

GoogleのVic Gundotraによる、スティーブ・ジョブズのエピソード。 ジョブズ引退によせて、グーグルとジョブズのやりとりを開陳。
グーグルのモバイルアプリ責任者のもとに、日曜日に突然かかってきた電話とは?

とても面白い内容だったので、電車内でiPadで訳してみた。


———-

アイコン急患

2008年1月6日、ある日曜の朝、携帯電話のバイブが振動したとき私は礼拝に参加していた。

即座に携帯をチェックすると電話には非通知と表示されていた。私は無視することにした。

礼拝の後、私は家族と一緒に車に戻りながら留守電をチェックした。

そこに残されたメッセージはスティーブからだった。「ヴィック、私の家に電話をくれるかい? すぐに議論しなきゃならないことがある」

車に辿り着く前に、私はスティーブに電話をかけなおした。私はGoogleのあらゆるモバイルアプリの責任者であり、職務の一環としてスティーブと日頃からやりとりがある。それはこの仕事の役得だった。

私は言った。「ハイ、スティーブ。ヴィックです。 先ほどのお電話に出れず申し訳ありません。礼拝に出ておりまして、非通知だったので電話をとりませんでした。」

スティーブは笑い、「ヴィック、着信欄に『神』と表示されてない限り、礼拝中に電話を取るべきじゃないね」と言った。

私は緊張しながら笑った。

まったくもって、スティーブが何かに怒り電話をするのは平日ならお馴染みだったが、日曜日に自宅へ電話をしろなどとは普通ではなかった。

何がそれほどまでに重要なのか、私は疑問に思った。

スティーブは言った。

「で、ヴィック。すぐに解決すべき緊急の議題がある。既に私のチームの一員を君の補佐に割り振ったので、明日までに問題を解決してもらいたい」

「iPhoneでGoogleのロゴを見ているのだけど、アイコンが気に食わない。

Googleのロゴの二つ目のOの黄色のグラデーションがおかしいんだ。

とにかく間違っていて、明日グレッグに修正させようと思うのだけど、それでいいかな?」

もちろん私に異存はなかった。

数分後に私は「アイコン急患」という題名のスティーブからのメールをうけとった。

メールはグレッグ・クリスティングレッグ・クリスティと一緒にアイコンを修正するようにという指示だった。

11歳の時にApple llと恋に落ちて以来、Apple製品に関する数多くの語るべき逸話を知っていた。

それらは数十年間ずっと私の生活の一部だった。

マイクロソフトのビルゲイツのもとで15年に渡って働いていた間でさえ、私はスティーブとアップルの生み出してきたものにとても感服していた。

しかし結局、リーダーシップや情熱や細部へのこだわりについて考える時、私が思い出すのは一月の日曜の朝のスティーブからきた電話だ。それは決して忘れることのできないレッスンだった。CEOは細部までこだわらなければならない。黄色のグラデーションであろうとも。日曜でも。

人生で出会った最も偉大なリーダーへ、
私の祈りと希望はスティーブ、あなたと共に。

—————

辞書なしなので細かいところは間違ってるかもしれませんが、だいたいこんな感じ。

Apple製品の品質へのコダワリがすごい。
大会社のCEOで、このレベルで最終の品質チェックまでするところってどれくらいあるんだろう。

iPhoneのUIのスキンをカスタマイズする場合のメモ

iPhoneのUIKitに独自のスキンを被せようとすると、色々とテクニカルな障害がおおいが、それをどうやって解決するか?のメモ。
自己流なので、更新のよちは在り在り。 続きを読む

iPhoneアプリ講座で喋ります

8/9に、MoreWorksさん主催のiPhoneアプリ講座(有料です)で、1講座やらせて頂く事になりました。
ヒットメーカーに学ぶ!SmartPhoneアプリの展望

AppBankの村井さん、僕、Feinmanの川畑雄補さんの3人構成で、それぞれ「アプストアやマーケティング周り」の、「UIとか企画とか」、「課金やマネタイズ」のお話をさせて頂きます。

まったく違う立場の3人で、まったく違う視点から喋ってみようみたいな感じです。
既存のiPhone開発者もそうですが、どちらかというとテクニカルは話よりは、アプリを導入したいとかこれから参戦したい人むけのお話になりそうです。

よろしければ。

SNSのユーザー数を推定する手法

頭いいと言わざるを得ない。それともこういう業界ではスタンダードなのかな?
いつか使えるかもしれないのでメモ。

ところでAllenはどうやってユーザー数を推計したのだろう? Ancestry.comのファウンダーとして人口動態統計の専門家であるAllenは巧妙な手法を考案した。Google+にのユーザー名から数百種類の比較的珍しい苗字をサンプルとして抽出し、その数を一般人口中の割合と比較した(アメリカの国勢調査資料を利用)。彼はまたアメリカのユーザー数から世界のユーザー数を推定した。 via TechCrunch



おおまか手法としては以下みたいな感じなのかな?

・珍しい苗字のユーザーを検索で収拾。
・SNSと一般人口で比率が大きく乖離している苗字をノイズとして除去
・SNS内数と一般人口数の比で、ユーザー数を概算
・全体的な「偽名を使ってる率」的なものの補正関数をかける

どっかで試してみたいところ。
まぁこの記事の概算だと「Google+はアメリカ人しかいない」前提の数字になってしまうのがアレですが、国産サービスなら十分使えそう。

見えないお財布、インビジブル・マネークリップが面白い件

Invisible Money Clipがあまりに面白かったので輸入してみた。10ドルぐらい。
どういうものかは、とりあえずビデオをご覧あれ。

原理的にはマグネットシールを1番外側のお札にはってクリップにするわけです。

札束をまとめてポケットは日本ではメジャーじゃないですが、海外だと結構やる人が多い。なぜかというと犯罪対策にカードと小銭はわけて、1〜5ドル札はまとめてポケットに入れておくわけです。

普通は輪ゴム等で束ねたりするわけですが、こういうのを使うと面白いかなと。インターフェースを完全に透明にしつつ直感的で素敵。

日本で万札とかでやるととっても成金です。
もちろんこのシールをお札以外のものに貼れば、なんでも応用がききます。

Google+の最大の敵は「引っ越すのがメンドイ」だと思う

Googleのソーシャルサービス、Google+がいよいよ出ましたね。
デザインとかインターフェースがとても面白い感じでステキ。

ですが個人的にはGoogle+最大の壁は「引っ越すのがメンドイ」ではないかと思います。

ソーシャルサービスの一番大事なところっていうのは、「友達とワイワイやるのが楽しい」という所なんですよね。
友達と楽しくやる為に使いたい。それがユーザーの最も大きな動機だと思います。

結局、苦労して引っ越して、友達リストとか作り直しても、友達がいなかった、だったらFacebookでいいじゃん。という展開が怖い。

なのでTwitterやMixi,Facebookの友達データや写真を吸い出せるツール、Google+に簡単に引っ越しできるツールというのが必要なんじゃないかなと。