Entries

Nerves


トップページ更新。神経網的ななにか。

Jackson Pollock的スケッチ

アルゴリズムによるJackson Pollock的な世界観のスケッチ。processing3を使用。

フォースフィールドをつかった擬似流体アルゴリズムをベースにいろいろ小細工を重ねて制作。コンピューター・ジェネレートっぽさをなくした、オーガニックなノイズのスタディ。実際に動くJSバージョンは、もうちょっとスタディしてから公開予定。

続きを読む

UI考 – ざっと見る、じっと見る

英文の速読術には、スキミング・スキャニングと呼ばれる技法がある。

スキミングとは「ざっと一覧して、全体を把握する」こと。各章のタイトルや、パラグラフの一文目、最終のまとめなど、要所要所だけをかいつまんでいく読み方だ。

一方、スキャニングは「特定の部分を熟読する」こと。こちらは一転して、一単語ずつ精査していく読み方である。

まず最初に全体をざっと見て(スキミング)、自分に必要な内容があるかをチェックする。その後に、必要な部分だけを選別してじっと見て(スキャニング)いく。英文速読では、この2つの読み方をペアにして扱う。つまり速読術とは全文を素早く読むことではない。細部を無視して、要点だけを拾い上げていく技法なのである。 続きを読む

罰ゲームつきで、毎日エントリーを書く宣言とかしてみる

ちゃんとエントリーを書こうと思う。それも毎日。
例のオリンピック記事を書いてから、めっきり筆が進まなくなった。おそらく何か燃え尽きてしまったのだ。

しかし自分はブログで成長してきた人間なので、これは死と同義である。なんとか是正しなければならない。
そんなわけで1年ほど、自分にブートキャンプを課そうかと。

記事かけなかった日が1日につき、500円。国境なき医師団にでも寄付する。
1年ブログをサボると、18万ぐらいの寄付の過酷な戦い。

ブログ、ヤフーニュースなど一切更新がない日があったら、TwitterかFacebookでツッコミいれてください。
がんばるぞ、以上。

ルール
・朝起きてから寝るまでに、1記事書く。
・対象はブログあるいは、ヤフーニュース他寄稿など。Twitter、Facebookは含まない。
・クソエントリ、ポエム、読書感想文問わない。とにかくまずは継続させる。
・書かなかった日をカウントし、月末に「国境なき医師団にかかない日×500円」を寄付する。

GoogleがプロトタイピングツールPixateを買収。無料化される。オススメ。

Googleが、ローカルベースのプロトタイピングツールPixateを買収した模様。以後、Pixateアプリは無料となり引き続き開発が続けられるようです。
2013年頃、Pixateに$600払ってた俺は泣いた。おめでとうございます。

Invisionを主流に百花繚乱の分断化で割と困っていたプロトタイピング業界。Googleがこの分野に手を出したことで変動は起きるのだろうか。
これがプロトタイピングツールの決定版になるとよいですね。高性能だし無料だし。クラウド版も$5だし。 続きを読む

スマート家電が実現する素敵なディス☆トピア

スマート家電とIoT(インターネット・オブ・シングス)について、仕事の相談がくるようになり色々と基礎リサーチをした。しかしながら家電メーカーが好き勝手にやるとディストピアが到来する・・・という脳内シミュレーション結果が出た。以下はストーリー仕立てでまとめたプレゼン資料。

こんな未来は嫌なので、是非ともこの危機を回避していただきたく。解決編はまた別の機会に書く(あるいはクライアントにだけ提案する)。 続きを読む

よくわかるマテリアルデザインの設計コンセプト

iPhoneとAndroidではiPhoneのほうが良くできているが、iOSのフラットデザインとAndroidのマテリアルデザインでは後者の設計が優れている。マテリアルデザインは、デザインとエンジニアリングが高いレベルで融合していて、ロジカルで非常に美しい。

以下、自分の理解をまとめたメモ。 続きを読む

Apple Watchアプリを作るべきかUIUX評価雑感

事前レビュー「UI考(番外編) AppleWatchについて、あまり語られてない視点」の続き、週末に使ってみた雑感。 続きを読む

UI考(番外編) AppleWatchについて、あまり語られてない視点

AppleWatchの発売まであと10日。「Apple Watch誰もつかわねーよ!」「いやiPhoneのときもみんなそういってたじゃん」という論争される今日この頃。

色々な立ち位置から多用な意見が展開されているが、いくつか大きなことが見落とされてると思う。特にスマホのUIUX系文脈で、一目瞭然性(グランサビリティ)とかワンタップといった、Appleのガイドラインをコピペしてるだけの人が多い印象。個人的に、もう少し気になっていることについてメモ。 続きを読む

Googleはどうやってサービスを生み出すのか? – 2時間でサービスを生むデザインスプリント

<追記>オリジナルのデザインスプリント文献翻訳はじめました</追記>
THE GUILDのメンバーで、Google主催のプロトタイピングのワークショップ「デザインスプリント」に参加してくるなど。ご招待いただき多謝でございます。

デザインスプリントとは?
デザインスプリントはグーグルによるデザイン教育メソッドとそのワークショップ。数時間から数日で一気に籠って、商品のコンセプトデザインやプロトタピングを仕上げてしまう高速なデザイン手法です。Googleのベンチャー機関Google Venturesがよく、投資先に行っているものです。

導入事例としては、最近に日本にも上陸したブルーボトルコーヒーのサイトブランディングで行われたのが有名でしょうか。GoogleX内部でも頻繁に行われているようです。本来は5日間でやるこのデザインスプリント、今回は入門編ということで圧縮して2時間で1つの企画を考えます。本日のテーマはAndroid Wearアプリのプロト企画。 続きを読む