Entries

iOS7用のアイコン製作テンプレート(ピクセル最適化済)

WWDCの発表を受けて、Appleが発表したiOS7用アイコンのイラストレータ用テンプレートを作ってみた。

すでにいくつか先行作成されたものがあるものの、ストアサイズ1024pxを基準としたものが多い。
だけどこのサイズは実機表示には都合がわるい。
120pxにリサイズするとデータが滲んでしまう。

そこでこのテンプレートでは、実機サイズ120pxの10倍スケールの1200px基準にしてみた。
10px単位で要素を配置すれば、パッキリとピクセルパーフェクトなアイコンになるはず。

検証に写真アイコンのコピーを作ってみたが、問題なく表示されるはず。

あわせて黄金比分割ガイドも、実機表示でピクセルが滲まないように端数調整している。
外枠のコーナーに関しては、どうも手動の視覚補正つきコーナー為、もう少し使い込んでアップデートしてみたい。
(アップデートしました)。

SKETCH 20130522

コズミックな何かスケッチ。

開発者必見! 5秒でわかるフラットデザインまとめ

・どこ押せばいいか謎
・言われてるほど新しくない(スイス系のリバイバル
・立体より工数低いが、誤摩化しがきかず難易度高い
・でもデザイン料を安くされそう
日本語だと高確率でダサくなる

SKETCH 20130519

C++を勉強するなら、せっかくだからCinderかOfでも憶えよう!ということになってCinderを勉強することに。
Cinderってのはクリエイティブコーディングの為のフレームワーク。Flight404の中の人達がつくった。

どうしてこうなったのかは謎ですが、適当にC++の入門サイト見ながらコード書いたらこんなものができました的なメモ。
脳に不凍液でもブチ込んだようなサイコ具合ですが、いたって真面目です。わりとグニャグニャ感は気に入ってる。

もっと勉強しないと思い通りのものを作るのは難しいね。

相撲を一眼でミニチュアっぽく撮ってみた


1月ぐらいに勢いで撮ってみた。 続きを読む

カンボジア遺跡にいったら、ガチでダンジョンRPGでヤバイ

ゴールデンウィークをずらして、初カンボジアに行って来たわけだけど超楽しかった。 続きを読む

現場のプログラマー陣による一歩先を行くiOSの解説書

iOSアプリの開発で、初級者から中級者へと踏み出したいのなら、本書「iPhoneアプリ開発エキスパートガイド」は必読の本だ。

本当は発売直後にエントリにしたかったのだけれども、しっかりと全部熟読してポストしようとしたら大分遅れてしまった。

本書はPassbookやCollectionView、AutoLayoutなどiOS6の新機能を中心に、中級者以上がiOS開発で必要になる知識を広くまとめた本だ。

iOS6用ときくと、仕事で使うことを一瞬躊躇してしまうかもしれないが、数ヶ月内にiPhone5SとiOS7が出ることを考えれば、そろそろ一通り抑えておくべき技術ばかりだと思う。

もしもiOSアプリを作る仕事をしており、iOS6の技術をまだキャッチアップしていないのならば、本書は必読のバイブルになるだろう。

ビジュアルコーディングと波形

今日のスケッチ。
色々モニョっとしたモノを作るにあたって、とりあえず波形ライブラリを作るなど。色んな波形を合成して使える奴。

続きを読む

JSでアメーバのシミュレーション作ってみた (高速化編)

先日のJSアメーバのコードを、ブラッシュアップして超高速化してみた
ぬるぬる動いて、2〜3分後には自走して弱小アメーバを襲い始めるよ。 続きを読む

JSで蝶を飛ばしてみるなど

今日のスケッチ蝶蝶がいっぱい
processing.js だいたい理解した。

蝶の群れだけど、boidというよりは、perlin noiseによるフォースフィールドの復習。
定番ですがperlin noiseで作った雲状bitpmapのR値とG値を、XY方向の気流の力として適用する・・・ってアレです。
リハビリリハビリ。 続きを読む